白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

白髪染めを行なう適切な頻度と間隔とは

白髪染めを行なう適切な頻度と間隔とは
  • 白髪染めクチコミランキング

白髪になる理由や白髪染めの仕組み

そもそもどうして白髪ができるのでしょうか。その原因とともに、白髪染めの仕組みについても知っておきましょう。

白髪が起こりやすい原因

一般的に白髪というと年齢を重ねることで起こる現象というイメージがあります。もちろんそれも一つです。ところが、最近は10代や20代の若い世代でも白髪の発生が増加しています。これには生活習慣やストレスが関係していること多いです。

睡眠不足や極端なダイエット、そしてストレスは、ホルモンバランスを崩したり、細胞の働きを低下させます。そうすると、髪の成長や維持にも異常が起こり、白髪が発生することにつながります。それ以外にも喫煙や紫外線も影響します。あるいは遺伝などの体質的な問題でも白髪の原因となる場合があります。

白髪染めの仕組みとは

髪の毛は通常、メラニン色素によって黒くなります。そのメラニン色素をつくり出しているのが、メラノサイトという細胞です。白髪はメラノサイトの働きが低下することで起こると考えられます。

そうしてメラニン色素が少ないところに色を入れていくので、白髪を染めるのには普通のヘアカラー剤では対応できないことがほとんどです。だから専用の白髪染めが必要になります。

そしてヘアカラータイプの白髪染めの場合、染料が髪の毛のキューティクルをこじ開けて染み込むことで、白髪を染めます。その他、ヘアマニキュアタイプの場合は髪の毛をコーティングする形で白髪を染めます。

ヘアカラータイプの場合はアレルギーやダメージに注意を

ヘアカラータイプは、キューティクルを無理にこじ開けて染料を浸透させることもあるため、髪の毛にダメージを与えやすいです。また、染料に含まれるジアミン系を始めとした化学薬品には、アレルギー反応が出る場合もあります。

特にジアミン系のアレルギーは、体内に蓄積されてある日突然症状が出るケースもあります。使用前にはパッチテストをしてから使うなどの注意が必要です。

白髪染めの頻度、理想は?

白髪の発生にはさまざまな原因が絡んでおり、それを染めるためには白髪染め専用のものでないときれいに仕上がらないことが多いです。とはいえ、一度染めても2週間ほどしたらまた白髪が気になることもあります。ダメージやアレルギーを最小限に抑えて、きれいな状態を保つにはどのような頻度、間隔で染めればいいのでしょうか。

理想は2~3カ月に1回の頻度

白髪染めの頻度の理想は、2~3カ月に1回くらいとされます。もしどうしても気になるので染めるという場合であっても、1カ月に1回を限度と考えた方がベターです。これは、それ以上頻繁に白髪染めを行うと、髪の毛のダメージや健康の問題が不安だからです。特に、美容院ではなく自分で染める場合は長めに間隔を開ける方が無難です。

気になる部分は部分染めでカバー

白髪染めにはたくさんの種類があり、中には部分的に染めたいときに使用できるようなタイプもあります。白髪染めはきれいに染めても、少し経つと生え際が気になることが多いです。あるいは数本だけ白髪を発見するということもあるでしょう。そんなときは部分染めタイプでカバーするのが、ダメージも軽減しやすくなるのでおすすめです。

妊娠中の場合はできるだけ控えて

特にヘアカラータイプの白髪染めの場合、使用されている染料が髪の毛から血管を通り、体内に巡ると考えられます。そのため、妊娠中の白髪染めはできるだけ控える方が、胎児への影響を考えると安全です。また、白髪染めをするときの態勢も身重の体には負担になりますので、この点からも避けた方が無難です。

美容院やトリートメントタイプを活用する方法も

毎回自分で染めるのも大変ですので、美容院を利用する方法もおすすめです。また、数日おきに使えるトリートメントタイプも便利です。

全体染めは美容院、部分染めは自宅という選択肢

いつも美容院で染めるのは経済的にも負担ですが、全体染めのときだけ美容院を活用し、部分染めの際は自宅で行うというのも選択肢の一つです。全体染めを自分でするとなると、色むらや染め残しなどが心配ですが、美容院であればプロの手に任せることができます。

トリートメントタイプなら手軽でダメージも最小限に抑えられる

白髪染めの種類の中には、トリートメントタイプのものもあります。これはトリートメント機能を備えた白髪染めで、シャンプーの前後に髪の毛を洗う感覚で白髪染めをすることができます。トリートメント効果によって、髪の毛のダメージも軽減しやすいです。

さらにこのタイプの場合、使用頻度は数日おきであったり、毎日使えるものもあります。徐々に染めていくことができるので、全体染めをしたあとに継続して使うことで、根元や生え際の白髪が伸びてきても目立たなくする効果が期待できます。

また、素手で使えるものも多いです。そういったものであれば、それだけ肌に対しても負担が少ないものと捉えることができます。次回の全体染めまでのつなぎに使用してもいいですし、それだけを使って自然な仕上がりに染めるという選択肢もあります。

安価な白髪染めには注意を

白髪染めに使われる化学薬品は、アレルギーや疾病の原因になることがあります。トリートメントタイプの場合、比較的肌に優しいものであることが多いですが、中にはそうでないものもあります。そのため、白髪染めを選ぶ際は成分表示までしっかりと確認することが大切です。

できれば、天然素材を使用しているものを選ぶのがおすすめです。ただし天然素材と謳っているものの中には、化学薬品が含まれているケースもあります。値段の安いものにそういったケースが多いので、注意してください。なるべく無添加のものにこだわる方が、安全性が高いです。

白髪染めの頻度や間隔は数カ月に1回がベスト

白髪染めの頻度や間隔は、最低でも月1回程度、できれば2、3カ月に1回のペースで行う方が、体や髪の毛に与えるダメージを抑えやすいです。ただし妊娠中の場合は、白髪が気になっても染めるのはできるだけ控えましょう。

白髪は、染めてもまたすぐに根元が白くなったりして気になるものです。そんなときは部分染めやトリートメントタイプの白髪染めを活用して、ダメージを避けながらきれいな状態を保ちましょう。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP