白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

白髪染めの種類をご紹介|用途によって使い分けたい

白髪染めの種類をご紹介|用途によって使い分けたい
  • 白髪染めクチコミランキング

意外と種類豊富な白髪染め

白髪染めは白髪染め、そんなに種類なんてないんじゃない?と思っていたら、売り場に行ってびっくりされる方もいるのではないでしょうか。そう、意外と種類が豊富なんです。どんな種類があるか、おおまかに知っておきましょう。

主流のヘアカラー

市販されている白髪染めの中では一番ポピュラーなタイプです。ヘアカラーの中でも、クリームタイプ、液状タイプなどの種類に分かれています。ヘアカラーの場合、一度脱色し色を入れるので、色んなカラーを楽しむことができます。また、染料の特性によって他のものに比べて色持ちがいいのも魅力です。

生え際などをちょっと染めるときも使いやすいヘアカラーですが、デメリットもあります。例えば、一度キューティクルを開いてブリーチをかけることから、髪の毛が傷みやすいということです。また、どうしてもカラーリングするということで、頭皮などに負担をかけるため、肌の弱い人にはあまり向いていないところもあります。

ただし最近は、トリートメント間隔で使えるヘアカラーも登場しています。通常のヘアカラー(2剤式)に比べると色持ちは1~2週間程度と劣りますが、トリートメントしながら日常的に使えるのは魅力です。

表面をササッとヘアマニキュア

ヘアカラーとよく並んで目にするのがヘアマニキュアです。これは酸性の染料で、髪の表面だけ染め上げるタイプの白髪染めです。ヘアカラーと違い、髪の脱色を行わずにコーティングするイメージです。だから比較的、髪や頭皮への負担が少なくて済みます。

その分、色持ちが2~3週間程度しか持たないというのがデメリットです。また、コーティングが主になるので、白髪染めした後もほんのり色づく程度の仕上がりが多いです。

困ったときのスプレー・スティックタイプ

急な外出や、出先で困ったときに助かるのが、スプレータイプやスティックタイプの白髪染めです。これなら数分間あれば白髪をカバーできるのが魅力です。ただし、一時しのぎの白髪染めと思ってください。シャンプーをすれば落ちてしまうものが多いです。

上手に白髪染めを使い分けよう

白髪染めは種類によって色の持ちが異なります。シーンに合わせて上手に使い分けるのがおすすめです。

普段の生活はヘアカラーのトリートメントタイプ

日常的に使うのはやはりヘアカラーを使うのが無難です。特に、トリートメントタイプを使うのがおすすめです。これはシャンプーのあとに使うトリートメントに白髪染めの成分が入っているものをいいます。

トリートメントタイプなので、カラーリングのときによく匂う、あの薬剤のつーんとした香りがあまりないので、使いやすいです。もちろんトリートメント効果も見込めて、髪の毛も染められるので一石二鳥です。毎日の入浴中に髪の毛を洗う感覚で使えるのも嬉しいポイントです。

髪の毛は毎日伸びますが、これなら毎日少しずつ染めることができるので伸びてくる髪の毛にも対応できやすくなります。

それでも、もし即効性やさらなる色の持ちを求めるなら、市販されている2剤式のヘアカラーの方が効果的です。2剤式の場合は、なじみ易い液状タイプや乳液タイプも使いやすいです。

最近は泡で出てくるものも人気があります。初めての人はそちらもおすすめです。ただしそちらだと脱色剤の過酸化水素水が配合されているため、髪の毛や頭皮への負担は大きくなります。

旅行で白髪染めが難しくなるときはヘアマニキュアを

長期の旅行などで外出する期間があるときは、毎日トリートメントタイプのヘアカラーをするのが難しい場合があります。そんなときはヘアマニキュアや酸性カラーを使うことをおすすめします。そちらの場合、色の持ちもトリートメントタイプに比べ長く持つことが多いからです。

このヘアマニキュアは、特に髪の毛や頭皮に負担をかけたくないという人におすすめです。だからもちろん2剤式のヘアカラーで染めるのもOKです。

とにかく今!すぐにでも染めたい!ならスプレータイプを

「急なお客様が来てどうしよう!」「お友達に急に誘われちゃったけど染めてる時間がない!」というときは、スプレータイプやスティックタイプを活用しましょう。このタイプは「一時染め」と呼ばれているだけあって、効果は抜群です。他にも、お出かけ前にちょっと染まりが悪いなと思う部分をカバーするのに使うのも有効です。

髪の毛を美しく保つには、全体染めと部分染めを使い分け

ヘアカラーとスプレータイプとで用途が違うように、白髪染めには全体染めと部分染めがあります。トリートメントタイプを使えば毎日ちょっとずつ染められますが、そうではない場合、上手に使い分けることで、髪の毛への負担を減らすことができます。

初めて白髪染めをする人や、ひさしぶりの人は全体染め

白髪染めをどの程度するかというのは、「この前いつ染めたか」を基準にしましょう。そして、初めて染めるという人や、久しぶりの人は全体染めを行うのがベターです。

気になってきたらその都度「部分染め」

白髪染めは短いスパンで何度も全体染めをすると、髪の毛だけでなく頭皮にもとっても負担がかかります。抜け毛を増やすこともあります。だから一度全体染めをしたら、そのあとは気になるたびに部分染めを行うのがベストです。

全体染めをしても、数週間経つとまた白髪が気になるようになります。そうしたら根元に白髪が伸びてくる2~3カ月後までは部分染め、というような目安で行いましょう。その後また全体染めをして色味を整えるというのなら問題ありません。

2剤式の場合、全体染めと部分染めとでヘアカラーを使い分け

2剤式のヘアカラーを使用する場合、全体染めでは液状タイプや乳液タイプのものが使いやすいです。なじみやすいのに加えて、ムラなく塗りやすいというメリットがあります。

全体染めのときは、素早く塗ることも大切です。根元の方が体温で染まりやすいので、毛先から根元に向かって塗っていくのがポイントです。初めての人は泡タイプも手軽でおすすめです。

部分染めには液だれしにくく、狙ったところをしっかり染められるクリームタイプの方がおすすめです。飛び散りも少ないため、新しく伸びてきた白髪にも対応しやすいです。

白髪染めは何種類かを使い分けするのが一番

白髪染めはたくさん種類がありますが、普段使うものと一時的に使うものとを何種類か使い分けすると、色んなシーンに対応できます。とりわけ、普段のケアと一緒に染められるトリートメントタイプは、髪の毛を洗う感覚で使えておすすめです。

しっかり染めたい人は、2剤式のヘアカラーを全体染めと部分染めとで使い分けましょう。ただし髪の毛や頭皮の傷みには注意が必要です。また、お出かけなどの一時しのぎにはヘアマニキュアやスプレータイプを活用してみてください。一度染めだすと習慣になることも多い白髪染めですが、自分に合った方法で無理なくきれいになりましょう。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
  • No related posts.
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP