白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

若白髪を染めるときにおすすめの白髪染め

若白髪を染めるときにおすすめの白髪染め
  • 白髪染めクチコミランキング

若白髪になる原因は?

同じ年齢でも白髪の出る人、出ない人がいます。特に若白髪の場合、加齢は関係なさそうですが、どういった理由で起こるのでしょうか。

白髪はメラノサイトの働きの低下によるもの

本来髪の毛は、メラニン色素の働きによって黒い状態を保っています。そのメラニン色素を作っているのが、メラノサイトと呼ばれる色素細胞です。白髪はこのメラノサイトの働きが弱まることで起こります。

もう少し具体的に言うと、メラノサイトはチロシナーゼという酵素によって生み出されます。それが減少すると、メラノサイトも色素をつくり出せなくなり、色をつけられないまま成長し、白髪となります。

若白髪は生活習慣やストレスが関係していることがある

少し前は若白髪というと20代や30代のイメージが強かったですが、最近は10代でも白髪が出る人が増えています。これには生活習慣の乱れやストレスが影響しているケースがあります。

毎日しっかり3食食べているという人でも、栄養バランスが偏っていると白髪ができる可能性があります。無理なダイエットや、睡眠不足も体のバランスを壊す一因です。また、現代社会はストレスも多く、それが関係しているケースも大いに考えられます。

遺伝や病気

元々両親が白髪、など遺伝的な要素で若白髪になるケースもあります。また病気などで白髪が増えるということもあります。特に、ある日突然白髪が増えた場合は病気を疑ってみてください。

若白髪におすすめの白髪染め

どんな理由で白髪ができたにせよ、すぐに改善するのは難しい部分があります。とにかく白髪をなんとかしたい!というとき、刺激が少なく使いやすい白髪染めを選ぶポイントをまとめてみました。

シャンプーやトリートメントタイプがおすすめ

白髪染めをするとき、いちいち新聞紙を敷いたり手袋をしたりという手間が面倒という方も多いはず。最近は、シャンプーやトリートメントに白髪染めの成分が入ったものが多く売られています。こうしたものを使えば、入浴中に髪の毛を洗うのと同時に白髪染めができて便利です。

また、染めると同時に髪の毛のトリートメントもできるのも魅力の一つです。白髪染めをすると髪の毛が傷む、という人もいますが、そういう人には特にこのタイプを使ってみる価値がありそうです。

泡タイプのヘアカラー

一度できれいに染めたい人はヘアカラータイプがおすすめです。中でも泡タイプのものは初めての人でも使いやすいと評判です。染める時間も5~15分程度のものがあるので、即効性と短時間で染められるものを求める人には適しています。

また、もしヘアカラータイプを購入する場合は、使い切りタイプではなく、保存して部分染めにも使えるものにするという選択肢もあります。

困ったときはスティックタイプを活用

白髪染めにはスティックタイプやマスカラタイプなど、一時染めと呼ばれる白髪染めがあります。出先や急な来客など、白髪に気づいてサッと隠したいというときはこういったタイプを活用するのがおすすめです。数分あればカバーすることができます。

白髪染めを使用する際の注意点は

白髪染めは便利ですが、それゆえに注意しなければならない面もあります。若白髪の場合は改善するケースもあるので、それに向けて心がけたいことなどをまとめました。

それぞれの白髪染めにデメリットがあることも忘れずに

白髪染めは便利ですが、その反面デメリットもあることを忘れてはいけません。例えばシャンプーやトリートメントタイプの場合、毎日使うことで徐々に色がついていくので、周りに染めたことを知られず自然な感じに染められるのはメリットです。ただし色持ちは1~2週間程度なので、長期間使用できないときは困ることもあるかもしれません。

スティックタイプのものも便利ですが、こちらも「一時染め」と言われるだけあって、シャンプーすると落ちてしまうものが多いです。そのため持続性があるものは別に購入し、補助的な役割で使うものとして考えるとよさそうです。

また、白髪染めには刺激となる物質が配合されている場合もあり、それに対して人によっては炎症を起こしたり、アレルギー反応が出る場合もあります。特にヘアカラー剤にはジアミン系やアルカリ剤などの物質が含まれていることが多く、使用する前はパッチテストを行うなど注意が必要です。

こういった物質は、シャンプーやトリートメント、泡タイプのヘアカラーに関わらず、配合されているケースがあります。植物由来のものでも入っていることがあるので、購入する前はしっかりと成分をチェックしてから買う方がベターです。

白髪は抜かないように

白髪を抜くと増える、というのはよく聞きますが、これは「半分本当」と考えられます。というのは、「増える」という根拠はないものの、白髪を抜くこと自体は薄毛の原因となり、あまりよくないことだからです。

だから白髪を見つけた場合は、根元からカットするのが適切な対処方法です。数本単位であれば、染めずに処理することもできます。そうして白髪の量が増えてきた場合は白髪染めを使う、というやり方もできます。

生活習慣の見直しやストレスの解消を図る

若白髪の原因には生活習慣の乱れやストレスが関係していることがあります。遺伝や病気ではなさそうな場合は、こちらを疑ってみて、改善を心がけることも大切です。

食生活で積極的にとりたいは、卵やブタ肉といったたんぱく質、ビタミン、コラーゲンなどです。それを意識して野菜や果物を十分に、さらに乳製品や小魚でカルシウム…と言ったように、バランスのいい食事に変えましょう。

反対に、ファストフードや外食は手軽でおいしく感じますが、体のバランスを崩す原因になるので、なるべく控えるようにしましょう。また、過度なダイエットも栄養不足を引き起こすことが多いので、避けたほうが無難です。

ストレスについても、感じないようにするのは困難ですが、自分なりの解消法を見つけることが重要です。例えば軽い運動や、趣味に没頭する時間を作ったり、お風呂やアロマなどでリラックスできる時間を作ってみましょう。

一度崩れたバランスを整えるには時間がかかることもありますが、規則正しい睡眠と、しっかりした栄養を摂り、ストレスを発散する時間を作ることで改善するケースもあります。

若白髪には手軽に染められるタイプの白髪染めがおすすめ

若白髪の原因にはいくつか考えられますが、改善できる場合でも少し時間がかかることが多いです。そういうときは白髪染めを活用して、上手に付き合っていくがおすすめです。白髪染めを選ぶ際は、「手軽」に染められるものがポイントと言えそうです。

シャンプーやトリートメントタイプのものであれば、入浴時に白髪染めと髪の毛自体のケアもできて一石二鳥と考えられますし、泡タイプのものなら即効性があり、時間も短時間で済むことが多いです。ただし白髪染めには刺激やアレルギー反応が出る場合もあります。購入する際は成分もチェックしてみてください。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP