白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

白髪染めで起こった頭皮のかゆみ、原因は何?

白髪染めで起こった頭皮のかゆみ、原因は何?
  • 白髪染めクチコミランキング

頭皮のかゆみはどうして起こる?

まずはどんなことが原因で頭皮のかゆみが起こるのかを知ってきましょう。

白髪染め自体にアレルギー反応が出ているケース

ヘアカラーの白髪染めを使っているという人は、もしかしたらアレルギー反応が出ているかもしれません。白髪染めの中には、「ジアミン系」と言われる物質が含まれていることがあります。特にこれはヘアカラータイプの白髪染めに多いのですが、人によってはアレルギー反応を起こすことがあります。

このジアミン系にアレルギー反応を起こしている場合、白髪染めを塗ってすぐ症状が出ず、数時間から2日経ってから出るというケースもあります。また、放っておくとアナフィラキシーショックなど重症に至る場合もあるので、専門の医師にかかるなどして対処する必要があります。

また、ジアミンは体内に蓄積されていきます。だから最初は大丈夫でもある日突然アレルギー反応が起こるという場合もあります。そしてこのジアミンアレルギーは、一度起こると治ることはありません。それ以降はジアミンの入った白髪染めを使えなくなります。

白髪染めの染料にアレルギー反応が出ているケース

同じくヘアカラータイプの白髪染めを使っていて、かゆみやかぶれなどの症状を引き起こすケースで、症状が比較的すぐに表れるという場合もあります。この場合は、白髪染めに含まれているアルカリ剤などの染料が原因と考えられます。

人の体は弱酸性で出来ているので、肌の弱い人などにとってはアルカリ剤は刺激が強すぎて、かゆみなどを引き起こすと考えられます。

かゆみ以外の症状にも気を付けて

白髪染めを使ったあとの頭皮のかゆみ以外にも、かぶれやブツブツ、地肌が赤くなったり、フケが異常なほど出るなどの場合は、何らかの刺激を受けていたり、アレルギー反応を起こしていることが考えられます。そのまま使用すると危険な場合もあるので、注意して使用し、症状が出たらすぐに使用を中止してください。

頭皮のかゆみを防いで白髪染めをする方法

白髪染めにはリスクもありますが、やっぱりきれいにしておきたいですよね。そこで頭皮にかゆみが起こりにくい白髪染めの選び方について、いくつかポイントをご紹介します。

染料の形状を変える

ジアミンアレルギーでなさそうということであれば、染料が直接頭皮につかないようにすることで解消できる場合があります。例えば液体タイプはどうしても頭皮につきやすいですが、クリームタイプのものにすればテクスチャがしっかりするので、より頭皮につきにくくなります。

ヘアマニキュアに切り替える

ヘアカラータイプの白髪染めは、無理やりキューティクルをこじ開けて染料を染み込ませて色を付けるという方法です。それゆえ即効性があり、色持ちもいいのですが、これが肌にとって負担ということも考えられます。

そこで、髪の毛に色をコーティングするタイプのヘアマニキュアに変えてみるのも一つの方法です。これならコーティングするだけなので、頭皮への刺激や負担を軽減することができます。ただし、その分色持ちは悪くなるというデメリットはあります。

トリートメントタイプの白髪染めもおすすめ

ヘアマニキュアと同じ仕組みである、トリートメントタイプの白髪染めもおすすめです。これは毎日の入浴時に、シャンプーのあとトリートメント代わりに使用できる白髪染めです。トリートメントとしての効果も持ち合わせているため、髪の毛のツヤも保ちやすいです。

また、毎日のケアで少しずつ染めることができるので、他の人に目立たずに自然と白髪染めをすることが可能です。難点は、ヘアマニキュアよりも色持ちが悪いことです。そのため長期間使用できないときは白髪染めが難しいという場合もあります。

白髪染めでかゆみを起こさないために行いたいこと

白髪染めでかゆみを引き起こさないようにするためには、使用する白髪染めを変える以外にもやっておきたいことがあります。

必ずパッチテストを行う

白髪染めの中には、色々な薬品が配合されています。だから敏感肌や肌が弱い方は特にパッチテストを行ってから使用するようにして下さい。これは、一度トラブルが起こったという人も同様です。もしアレルギーを持っている場合、知らずに使用すると危険なケースもあります。面倒かもしれませんが、忘れずに行うようにしましょう。

オイルマッサージを試してみる

実際かゆみが起こった場合は、グレープシードオイルを使ってマッサージを行うという方法もあります。グレープシードオイルは、アトピーの人のかゆみ止めとして使われることもあります。ただし、これは食用でも売られていますが、使用するのはアロマ用にしてください。

その日の体調にも意識を

白髪染めをするときは、その日の自分の体調などにも気を配りましょう。化粧品でも、少し体調に変化があるだけで合わなくなることがあります。これは白髪染めでも同じです。少し体調がよくないな、と思うときは無理せず別の日に染めるようにするのも、トラブルを避けるためにはいいかもしれません。

頭皮のかゆみは白髪染めが合っていない可能性が大

白髪染めをしたあと起こるかゆみは、体調や肌の状態などが原因ということもありますが、白髪染めそのものにアレルギー反応を起こしている可能性が高いです。もし少しでもかゆみなどの症状が出た場合は、使用を中止するようにしましょう。ジアミンアレルギーだった場合、重症化するケースもあるからです。

そうした症状が出た場合は、白髪染めの形状を変えたり、場合によっては白髪染めの種類そのものを変えてみてください。ただし、必ずパッチテストを行ってから使うようにしましょう。

アレルギーがひどくなると、どんなに刺激が少ないと言われるものも使えない状態になることもあります。そうなる前に専門の医師に相談したりして改善の糸口を見つけましょう。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP