白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

パーマをすると白髪染めは落ちてしまうって本当?

パーマをすると白髪染めは落ちてしまうって本当?
  • 白髪染めクチコミランキング

パーマと白髪染めの関係

通常のカラーリングでもパーマとカラーは同時にできないと言われることがあります。白髪染めの場合も、パーマをかけると落ちてしまうのでしょうか?また、先にパーマをあてた場合は影響がなくすむのでしょうか。

若干白髪染めが落ちることがある

美容院によっては同時にできる場合もありますが、両方をすることは髪の毛にとっては大きなダメージと考えられます。そのため、パーマをすることによって白髪染めが落ちる可能性は、ないとは言い切れません。

パーマを先にした場合も弱まる可能性はある

パーマをあててから白髪染めをしても、若干パーマが落ちる可能性があります。そのためどちらを先にするかということは特に問題ではないようです。

パーマと白髪染めをするメリット

パーマと白髪染めとの両方を行うことで得られるメリットは、毎日のスタイリングを楽にすることです。パーマがかかっていると、それだけで髪の毛のボリュームがアップしてふんわり柔らかい印象になりますよね。ストレートパーマの場合は、ヘアアイロンの手間がいらなくなって時間短縮につながります。

白髪染めの種類を変えても一緒?

白髪染めもパーマも、どちらを先にしても両方する場合効果が弱まる可能性があるようです。ではどの白髪染めの種類でも避けられないのでしょうか。

ヘアマニキュアタイプなら多少影響を受けづらい

パーマと合わせて行う場合、ヘアカラータイプの白髪染めだと、両方とも髪の毛のキューティクルの中に浸透して効果が生まれるため、一方が弱まる可能性があります。できるだけ影響を受けにくい白髪染めをするのであれば、ヘアマニキュアタイプがおすすめです。

ヘアマニキュアタイプなら、髪の毛をコーティングして染められるので、そこまでパーマの影響を受けづらくなります。また、ヘアマニキュアタイプの白髪染めは比較的髪の毛や頭皮に対して優しいものが多いです。

ヘナの場合はヘアカラータイプと同じ

髪の毛に優しい白髪染めというと、もう一つ考えられるのがヘナカラーです。これならパーマとの相性もよさそう・・・と思われるかもしれません。実はヘナとパーマとの相性は悪いと言われています。

これは、ヘナが酸性なのに対し、パーマ液がアルカリ性ということに原因が考えられます。両方が合わさることで中和されてしまい、どちらを先にしてもその効果が弱まる可能性があります。

確実に効果が弱まるともいえない

ヘアマニキュアタイプの白髪染めに変えた場合など、白髪染め液の強さによってパーマの効果が弱まる可能性は増減すると考えられます。そのため白髪染めの色落ちの程度も、パーマ液の強さにより、多少違いが生まれそうです。

ヘナカラーに関しても、高品質のヘナを使用した場合は髪の毛への負担を減らすことができます。その場合、パーマ液のアルカリ性と反応することなくヘナカラーを使用することができ、髪の毛へのダメージはパーマの分だけになりやすいです。

もし高品質のヘナでパーマを楽しむ場合は、先にパーマをかけてから1~2週間ほど空けて、ヘナカラーをするようにしてください。

少しでも髪のダメージを減らすためにしたいこと

パーマや白髪染めの効果、それぞれを保つためにできることや、髪の毛そのもののダメージを軽減するために心がけたいことがあります。

同時にするなら間隔をあけるのがベスト

パーマをすることで白髪染めが落ちる可能性はあるものの、同時にするより間隔をあける方が多少ダメージを和らげることができます。できれば1~2週間ほど時間をあけて、パーマをあてるようにしましょう。これはパーマを先に行う場合も同様です。

トリートメントタイプの白髪染めを使う

白髪染めの種類の中には、トリートメント効果を併せ持ったものがあります。こうしたタイプは、髪の毛や頭皮、肌に対しても優しく、自然な仕上がりになるものが多いです。トリートメント効果によって、髪の毛のツヤも期待できます。

もしパーマもあてたいという人は、こうしたトリートメントタイプで髪の毛をいたわりながら両方を楽しむ方法があります。

美容院での施術

同じように両方楽しむにしても、自分でするのと美容院でプロにしてもらうのとでは、ダメージや髪の毛への影響が違うことが多いです。そのため、パーマも白髪染めもしたいときは美容院を利用するというのも、一つの選択肢です。

白髪染めとパーマ、両方楽しむ場合は間隔とダメージを意識しよう

白髪染めとパーマを行うことは、髪の毛にとっては大きなダメージとなりやすいです。そのため、どちらを先に行っても、その効果は弱まる可能性があります。なるべくダメージと影響を少なくするためには、どちらか一方か、間隔をあけて一つずつ施術を行うことをおすすめします。

また、より効果を維持するために白髪染めをヘアマニキュアタイプやトリートメントタイプにする方法もあります。それにより、髪の毛のダメージを軽減する効果も期待できます。白髪染めやパーマ液がどれだけの強さのものを使用するかによっても、影響の出具合は変わってきます。自分の髪の毛と相談し、一番ベストな方法を見つけましょう。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP