白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

白髪染めでアレルギーの危険性があると言われているジアミン成分とは

白髪染めでアレルギーの危険性があると言われているジアミン成分とは
  • 白髪染めクチコミランキング

白髪染めに含まれるジアミン成分とは?

聞きなれないジアミンという成分、一体どんな成分なのでしょうか。その特徴やそれによって起こるアレルギー症状について調べてみました。

ジアミン成分について

白髪染めに含まれるジアミン成分は、色調を整えたり色味を定着させるための役割を果たしています。白髪染めでは、パラフェニレンジアミン(PPDA)やパラトルエンジアミン(PTDA)などと表示されているものが、ジアミン系の成分となります。

ジアミン成分でアレルギーが起こる?

白髪染めを使っていて、頭がズキズキ痛んだり、ピリピリ赤くなったことはないですか?もしかしたらそれはジアミン成分が引き起こしたアレルギー反応かもしれません。白髪染めには必要とされる成分ですが、一方でアレルギー反応という副作用を持つ一面もあります。

ある日突然起こることもある

ジアミン成分は髪の毛や肌を通して血液へと伝わり、体内に蓄積されます。そして、こうした「経皮毒」が徐々に積み重なり、ある日突然アレルギー症状が出るというケースもあります。そのため「一度使ったけど大丈夫だった」あるいは「何年も使っているけど、そんな副作用を感じたことはない」、などといって安心していられない面もあります。

ジアミン成分が引き起こすアレルギーの症状とは

具体的にジアミン成分によって起こるアレルギーにはどういった症状があるかまとめてみました。

湿疹、かぶれ、かゆみ

比較的軽度のアレルギー症状としては、湿疹やかぶれ、かゆみなどの症状です。また、使用したあとピリピリ、ヒリヒリするような感覚や、皮膚が赤くなったり皮がめくれるようなことがあれば、アレルギー反応が出ている可能性があります。もう少し症状が重くなると、顔の腫れやじんましんといった症状が出るケースもあります。

アナフィラキシーショック

ジアミン成分のアレルギー反応は、突然のショック症状として現れる可能性もあります。いわゆるアナフィラキシーショックと呼ばれるもので、例えば呼吸困難や意識障害などの危険な状態になることもあります。

ジアミン成分は染めているとき気化して、周囲の人間がアレルギー症状を引き起こすこともあります。だから小さなお子さんがいるご家庭の方は、特に注意が必要です。

発がんリスクや内臓機能障害

ジアミン成分は突然起こる場合もあれば、経皮毒として長い間体内に蓄積することで、知らず知らずのうちに病気を引き起こすこともあります。例えば、ジアミン成分は血管を通して体内を巡ります。そうすると、その毒素によって造血機能に障害が生まれ、再生不良貧血の原因などになることがあります。さらに重症のケースでは、白血病になる可能性もあります。

そして、内臓機能のなかで解毒作用のある、腎臓や肝臓にも、昨日障害が生まれるケースがが考えられます。この場合、最悪の場合ガンに至るリスクも生まれます。それ以外にも目に入って失明するリスクもあります。

ジアミン成分が含まれない白髪染めはないの?

ジアミン成分のアレルギー反応は、症状がどのように出るかわかりません。人によって、そのタイミングも違いますし、もしかしたら全く出ずに済む場合もあるかもしれません。とはいえ、できればリスクは減らしたいですよね。そこで、ジアミン成分が含まれない白髪染めについても調べてみました。

市販のヘアカラータイプのほとんどに含まれている!?

市販の白髪染めで定番といえばヘアカラータイプのものではないでしょうか。実はこのタイプの場合、ほとんどの製品にジアミン成分が含まれているようです。手軽に、しっかり染められて便利ですが、もしも使用する際は注意した方がいいかもしれませんね。

ノンジアミンと呼ばれる白髪染め

最近は白髪染めの種類も豊富で、ヘアカラータイプ以外のものも手に入ります。その中でノンジアミンと呼ばれるジアミン成分が含まれないタイプも見つけることができました。そのタイプは次の通りです。

  • カラートリートメントタイプ
  • ヘナカラー
  • ヘアマニキュア
  • お歯黒式の白髪染め

カラートリートメントタイプは、トリートメント効果も併せ持った白髪染めです。入浴時、シャンプーの前後に使用することで、髪の毛の白髪染めとトリートメントをすることができる、というものです。髪の毛を洗う感覚で染められるので手軽なところも魅力です。使うごとに徐々に染めていくので、自然と白髪をカバーすることも可能です。

また、素手で扱えるものもあり、そういった面でも肌に対して優しい方であると考えられます。敏感肌の方にも好まれる傾向にあります。ただし、色持ちは比較的短めなので、継続して使用しなければならないケースが多いです。

ヘナカラーは植物由来の白髪染めです。こちらも天然素材を使用することで比較的肌に優しいというメリットがあります。ジアミンアレルギーを起こした方が使われることもあります。ヘナは一度染めた部分が色落ちすることは基本的にないそうです。

ただし色味は明るいブラウンのみに限られるため、黒くするには別の染料で追加染めしなければならないこともあります。

市販でもよく見かけるヘアマニキュアタイプは、酸性カラーと呼ばれ、髪の毛をコーティングして色味をつけるタイプです。ヘアカラータイプの場合、キューティクルをこじ開けて髪の毛に染料を浸透させます。

これにより経費毒の不安が起こりやすくなりますが、ヘアマニキュアタイプの場合コーティングするだけなので、髪の毛にも優しく、そういったアレルギーの心配も軽減されます。ただしヘアマニキュアは皮膚につくと落ちづらく、使い続けると染まりが悪くなるのがデメリットとして考えられます。

最後に挙げたお歯黒式白髪染めは、白髪染めでかぶれたという人でも使用できるタイプです。色持ちも1カ月程度と比較的長めですが、髪の毛の手入れをしていないと傷めてしまう恐れがあるので注意が必要です。

ノンジアミンと思っても油断禁物

前述したノンジアミンと呼ばれるもののタイプにも注意が必要です。というのは、同じノンジアミンタイプの白髪染めでも、ジアミン成分が含まれているケースがあるからです。これは特に、安価な商品に多く見られます。そのため、購入する際は成分までしっかりと見ることをおすすめします。

また、アレルギー反応はジアミン成分だけで起こるとは限りません。白髪染めで起こすアレルギーは、他にもアルカリ剤であるアミノフェノールや、レゾルシン、あるいは脱色剤である過酸化水素水が原因でアレルギーを起こすこともあります。ノンジアミンと呼ばれるタイプのすべてが本当にジアミン成分が入っていないとは、一概には言い切れません。

白髪染めをする際はジアミン成分に注意を

白髪染めはスーパーや薬局で手軽に手に入る存在です。といって、値段や手軽さだけにつられて使用していると、とんでもないアレルギー反応を引き起こす可能性もあります。特に、突然のショック症状を防ぐためにも、ジアミン成分が入った白髪染めの場合は必ず事前にパッチテストを行うことが大切です。

また、そういったリスクを減らし、髪の毛や肌への負担も軽減するためにも、ノンジアミンと呼ばれるタイプの白髪染めを検討するのも一つです。そのときは、必ず成分までチェックして購入されることをおすすめします。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP