白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

気になる白髪染めによる肌荒れの原因と対策法を解説

気になる白髪染めによる肌荒れの原因と対策法を解説
  • 白髪染めクチコミランキング

白髪染めで起こる肌荒れとは

白髪染めが元で起こる肌荒れは、大きく分けて2種類の症状が多いようです。

アレルギー性接触皮膚炎

白髪染めによる肌荒れは、アレルギー性接触皮膚炎の可能性があります。この原因には、「ジアミン系」と呼ばれるパラフェニレンジアミン(PPDA)や、パラトルエンジアミン(PTDA)などの物質や、パラアミノフェノールが関係しています。

そしてこうした物質が白髪染めに含まれていると、肌に合わない人はかぶれなどの症状を引き起こします。これらの物質は、白髪染めの種類の中でもヘアカラータイプのものに含まれていることが多いです。

もし何らかの異常や、かぶれなどの症状が出た場合は、すぐに使用を中止し医師の診察を受けるようにしましょう。放置したり自己判断は症状を悪化させることがあるので、避けたほうが無難です。

刺激性接触皮膚炎

もう一つ、白髪染めで起こりやすい肌荒れが、刺激性接触皮膚炎です。これは、刺激の強い物質が皮膚に触れることで起こる症状です。この場合、刺激が弱いものであっても繰り返し使用することで症状が現れることもあるので注意が必要です。

刺激性接触皮膚炎の原因となるのは、白髪染めのヘアカラータイプに含まれる過酸化水素やアルカリ剤、染料などというケースが多いです。こうした物質が地肌に触れることで刺激となり、かぶれなどの症状を引き起こします。

・症状が出るまでの時間が見極めのポイント

どちらもかぶれなどの症状を引き起こしますが、症状が現れるまでの時間に差があります。アレルギー性接触皮膚炎の場合は、数時間から2日後に症状が現れることが多く、時間差があるのが特徴です。

対する刺激性接触皮膚炎の場合は、白髪染めを使用するとすぐに症状が現れるケースが多いです。どちらが原因で症状が出たのか見極めるのには、どのくらいの時間で症状が起こったかが一つの目安になります。

肌荒れを引き起こす原因となる物質の特徴

白髪染めの原因となる物質は前述した通りですが、それぞれがどうして肌に刺激やダメージを与えるのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

ジアミンアレルギーは突然起こることもある

アレルギー性接触皮膚炎の場合、自分がその物質に対してアレルギーを持っていると起こる可能性が高いです。そのため、パッチテストなどであらかじめアレルギーを持っていないかどうか確かめておく方が安全です。ただしこのアレルギー反応はある日突然起こることもあります。

もしアレルギーが出た場合、かぶれ以外にもただれや吐き気、発熱、呼吸困難などの症状が出ることもあるので注意が必要です。そして、一度アレルギーが出ると、ジアミン系の物質が配合された白髪染めは使用することができなくなります。アレルギー反応は一生続く可能性が極めて高いからです。

特に2剤式のヘアカラーを使うときに起こりやすいので、何か異常が起こったらすぐに専門医の診断を受けましょう。

肌が負けてしまうから刺激性接触皮膚炎になる

刺激性接触皮膚炎の場合は、アレルギーと違い肌が白髪染めに含まれるアルカリ剤などに負けることが原因と考えられます。ヘアカラータイプの白髪染めは、髪の毛の内部を染色することで色をつけるために、アルカリ性を強めにして作られています。これは人の体が弱酸性というのと関係しています。

ただし、肌の弱い人や体調などによって、このアルカリ性が体に合わず肌荒れしてしまうことがあります。また、ヘアカラータイプの白髪染めには酸化剤が使われることもあります。こちらは消毒や洗浄に使われるオキシドールと、濃度は違うものの同じ働きをします。だからそうした成分に弱い人は、肌荒れを起こすことがあります。

特にハイトーンの白髪染めには注意を

白髪染めといっても、黒に染めることに抵抗を感じる人が多く、ブラウン系に染める人が多いです。このブラウンでも、ハイトーン(明るめの色)にすると、その分刺激が強くなるので注意が必要です。普通のカラーリングでもそうですが、より明るい色に染めるには、その分髪の脱色や発色を強く行う必要が出てくるからです。

真っ黒に染めると、なんとなく違和感があるのでブラウンにしたい、という方もなるべく暗めのブラウン(ダークブラウン)にする方が肌への負担は比較的少なくてすむことが多いです。

肌荒れしにくい白髪染めはないの?

肌の弱い方や敏感肌の方などは、刺激の少ない白髪染めを探すのも一苦労ですよね。そこでできるだけ肌に負担のない白髪染めを探してみました。

植物由来のヘナカラー

アトピーの人でも使えると評判なのがヘナカラーの白髪染めです。これは薬用ハーブの一種です。しかも一度染めるとその部分の染め直しは基本的に不要です。ただし、元々ヘナはオレンジ系の色素を持っているため、そのままだと黒に染めることはできません。そのため、他の染料と混ぜて黒っぽく染める必要があります。

また、ヘナと謳っている商品でもジアミン系などの成分が入っていることがあります。商品を選ぶ際は値段だけではなく、成分までしっかりと見ることが大切です。

トリートメントタイプの白髪染め

ヘアカラーの中でも、トリートメントタイプの白髪染めは、シャンプーのあとに使うトリートメント感覚で使える白髪染めです。こちらのタイプも、商品の中にはアトピー性皮膚炎でも使えるものがあります。トリートメントタイプのいいところは、毎日の入浴時に髪の毛を洗うのと同じタイミングで行えることです。

そして少しずつ染まることで、他の人からも気づかれにくく、より自然に染めることができます。また、トリートメント効果もあるので使うほどに髪の毛のツヤも出るケースが多いです。ただし、トリートメントタイプの場合、ヘアマニキュアと同じで色を髪の毛にコーティングして染めていきます。だから色持ちや即効性の面ではあまり期待できません。

マカダミアナッツオイルが配合された白髪染め

同じ白髪染めでも、マカダミアナッツオイルが配合されたものであれば肌に優しいと評判です。このオイルは、食べ物のマカダミアナッツからとれるオイルで、人間の皮脂にとても近い成分を持っています。そして敏感肌やアトピー性皮膚炎の人でも使えるオイルと言われています。

白髪染めは成分をよく見て、パッチテストを行ってから

白髪染めの肌荒れは、ある日突然起こることもあるので注意して使用した方がよさそうです。そういったリスクを少しでも減らすために、購入する際はその製品の成分をよく見ることが大切です。肌に優しいと言われる白髪染めでも、刺激になりそうな成分が入っているということがあるからです。

もう一つリスクを減らすために行いたいのはパッチテストです。これをして大丈夫だったからといって、100%アレルギーや刺激が起きないという保証はありません。それでも多少はリスクを減らすことができます。敏感肌やアトピー性皮膚炎の人は特に注意して選ぶようにしましょう。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP