白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

カラートリートメントにパッチテストは必要?やり方や異常時の対処法を紹介

カラートリートメントにパッチテストは必要?やり方や異常時の対処法を紹介

一般的に皮膚トラブルを起こしやすいのはジアミン系の白髪染めです。トリートメントタイプの白髪染めなどは、「パッチテストの必要はありません」とはっきり明記しているものもあります。

シャンプーやトリートメントを買ってもわざわざパッチテストをしないのと、同じ感覚といえるでしょう。しかし果たして本当に安全なのでしょうか?

今回はカラートリートメントのパッチテストは本当に不要なのか紹介していきます。

ユーザー投票でリアルに変動:白髪染め口コミランキング

  • 白髪染めクチコミランキング

カラートリートメントや天然の染毛剤でもトラブルが出ることがある

実は天然の染毛剤であるヘナでできた白髪染めでも、ごく一部の人には湿疹や赤みなどの症状が現れる場合があります。

これは使い続けることで改善される場合や、ヘナ以外にジアミン系の化学染料が混ざっていることで起きる場合もありますが、ヘナそのものが体質的に合わない人もわずかにいるようです。

自然の材料でできた漢方薬でもある一部の材料が体質に合わないことがあるように、やはり白髪染めにも“相性の良し悪し”があるのですね!

新しい白髪染めを買ったらカラートリートメントでもまず「パッチテスト」を

そういうわけで、カラートリートメントを含め新しい白髪染めを買ったら、テストの必要のないタイプでも念のために「パッチテスト」を受けるのが賢明です。

パッチテストというと何か特別な試験薬を買わなければならないイメージがありますが、そんな必要はありません。テスト用のキットをわざわざ買わなくても、簡易的ですが皮膚に流布するだけで簡単にパッチテストができるのです。

白髪染めの種類によって若干やりかたが違います。テストを始めたら、塗布してから30分後にまず確認し、問題がなければ48時間後にまた再確認しましょう。

パッチテストをしている間はお風呂に入れないので、テストの前に入浴を済ませておくのがベストです。

【パッチテストのやり方】

1剤と2剤を使う白髪染めの場合

たとえば1剤と2剤を混ぜて使う白髪染めは、それぞれの薬剤を少量ずつ、決められた割合で小皿(金属製以外)に出します。そして綿棒などでグルグルと混ぜて、二の腕の裏側に塗りましょう。そのまま48時間自然乾燥させ、腫れやかゆみなどが出なければ使っても問題ありません。

ヘナなどの粉タイプの白髪染めの場合

ヘナを使った白髪染めの場合は、やはり同じようにお皿に粉を出し、少量の水を加えて溶きます。使用する粉が数種類ある場合は、それらを混ぜずにそれぞれお皿を用意してかき混ぜます。綿棒でバンソウコウのガーゼの部分にポトリとひとつずつ置き、二の腕の内側に貼って48時間以上おきましょう。

トリートメントタイプやヘアマニキュアなどの場合

トリートメントタイプの白髪染めやヘアマニキュアなどは、種類によってパッチテストの必要があるもの、ないものとさまざまです。

製品の説明書を読んでみて必要性を感じたら、仮にテスト不要と書いていてもやっておく方が安心できます。

ヘアカラーのパッチテストで異常が現れたら、どうすればいい?

だめ
パッチテストをやって赤みやかぶれなど、何らかの異常が現れた場合は、使用を控える必要があります。

「せっかく買ったのに!」と言いたいところですが、「後で辛い思いをするよりはマシ」と良い方に考えて、速やかに処分しましょう。製品によっては、お試し用のサンプルが用意されているものもあるので、それを使えば製品を無駄にせずに済みますね。

塗布30分後と48時間後に皮膚の状態を確認しますが、その時に発疹や赤み・かぶれ・かゆみ・水疱・ピリピリ感などがないかを、目と体感でしっかりチェックします。そこで問題がなければ、晴れて“白髪染めの使用OK”というわけです。

ごく稀に「テストでは大丈夫でも、白髪染めを使い始めてから反応が現れた」というケースもあります。体質の変化などによっても反応は微妙に変化するので、その場合は速やかに使用をストップすることが大切です。

関連記事一覧
  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP