白髪染めコラム

白髪染めの歴史や現代の白髪染め事情、妊娠中の白髪染めなどなど、意外と知られていない白髪染めのお話や役に立つ情報をコラム形式で掲載しています。

白髪染めのトラブル「あ、頭皮がピリピリ!」なぜ起こるの?

白髪染めのトラブル「あ、頭皮がピリピリ!」なぜ起こるの?
  • 白髪染めクチコミランキング

白髪染め負けを起こしてしまう原因は、ジアミン系の化合物

白髪染め負けは、なぜ起こる?

白髪が生えてきたので、仕方なく白髪染めをしていたら「どうしよう!地肌がピリピリする」「皮膚がかゆくなってしまった」というようなトラブルが発生してしまう場合があります。俗にいう“白髪染め負け”です。

この白髪染め負けは、実は白髪染めをする人にとって避けられない宿命のようなもの! なぜなら、一般的な白髪染めには「酸化染料」という、とても刺激的な化学染料が入っているからです。現在の毛染めの技術では、この酸化染料を使う方法が最も手軽にしっかり髪を染められるので、“良くないとわかっていて使っている”というのが現状なのです。

白髪染めでかゆみやピリピリ感が出たりするのは、酸化染料の主成分であるジアミン系の化合物「パラフェニレンジアミン」が原因である可能性が大です。パッケージの裏側などにある、成分表示を見てみましょう。“パラフェニレンジアミン”という表示はありませんでしたか? もしあれば、それが白髪染め負けの原因かもしれません。

白髪染め負けをしてしまった時は、どうすればいい?

ズバリ、白髪染め負けを起こした場合は、「白髪染めの使用を止めること」が一番の解決方法です。「そんなことを言っても、白髪のままで出歩いたら、おばあさんって言われちゃう!」確かにその通りです。白髪のまま放置するわけにはいかないですよね。

でも大丈夫です! 白髪染め負けを起こしてしまった人は、天然成分100%のヘナや、刺激の少ないトリートメントタイプ、ヘアマニュキアのような「ノンジアミン」の白髪染めを選びましょう。ヘナやヘアマニュキアの場合は、稀に反応が出てしまうこともあるので、事前にパッチテストをしてから使い始めるのがベストです。

かゆみやピリピリ感があるのに同じ白髪染めを使い続けていると、いつかとんでもないアレルギー症状が出たりするケースもあるので、くれぐれもご用心を!

何回か使った後に出るアレルギー症状は、もっとコワい!

ある日突然症状が現れる「アレルギー性皮膚炎」

我慢女
酸化染料は「身近にあるもっとも危険な化学物質」と言われています。白髪染めを塗って、すぐにかゆみやピリピリ感が出るのは、単なる一時刺激性のトラブル。もっと怖いのは、「私はぜんぜん反応が出ないから大丈夫」と思って使い続け、数年後・数十年後に突然発症してしまう「アレルギー性皮膚炎」です!

白髪染めによって起きるアレルギー症状は、すぐに起きる場合よりも、何回か使い続けた後に出る場合がほとんどだといいます。まるで「相性が合うと思っていたら、十年以上経ってソリが合わないことに気付いたわ」という夫婦のようで、本当にショックですね。

白髪染めアレルギーの症状は、頭皮の赤みや湿疹・かぶれ・フケ・抜け毛などさまざま。ひどい人では吐き気が起きたり、顔がパンパンに腫れあがったり、中には呼吸困難になってしまうケースもあります。こうした白髪染めによるアレルギー症状の原因も、先ほどお話した“パラフェニレンジアミン”という化学物質と、深く関連しているのです。

このような事態にならないために、ちょっとでも「おかしい!」と思った時は、すぐに白髪染めの使用をストップすることが重要です。

白髪染め負けもなく、安心・安全に使える白髪染めは?

ピースサイン

髪にも身体にも安全な「トリートメントタイプ」

健康志向が高まっている今、断トツで人気なのが「トリートメントタイプ」の白髪染めです。手軽にササッと使えて、化学染料が入っていないので髪や地肌に優しく、頭皮のかゆみやピリピリ感もありません。白髪染めアレルギーを起こす心配もないので、安心して使うことができます。

ただし、1剤と2剤を混ぜて使うジアミン系の白髪染めに比べて、染まりにくく色が落ちやすいというデメリットはあります。何度も回数を重ねるうちに色が落ち着いていくので、焦らずに長期計画で使うと良いでしょう。

究極の健康的な白髪染め「へナ」

白髪染め負けが起きないどころか、髪や地肌を元気にしてしまうこともある究極の白髪染めが、「ヘナ」のような粉タイプの白髪染めです。ハーブの一種を原料とするので、安心面では太鼓判! 一般的な白髪染めのようにキューティクルを傷つけることなく、髪の外側にあるケラチンの表面をヘナが優しく包んで、髪にハリとコシを与えてくれます。皮膚病や頭皮の炎症を改善する成分も入っているので、「ヘナを続けていたら、いつの間にか頭皮の湿疹が治ってしまった」という人もいるほどです!

ただし、ヘナは使い方がやや面倒のなので、気の短い人や忙しい人にとってはちょっと大変かもしれません。たまに天然成分そのものにかぶれてしまう人もいるので、パッチテストはかならず受けましょう。また、ヘナという名称が付いていても、その中にジアミン系の化合物が含まれている場合もあります。成分表示は必ず確認することが大切です。

ジアミン系の染料を使わない「へアマニュキア」

一般的な白髪染めで湿疹やかゆみなどのトラブルが出てしまっても、「ヘアマニュキアに切り替たら大丈夫」という人もたくさんいます。ヘアマニュキアは“タール系の酸性染料”を髪に塗ることで、「イオン結合」によってキューティクルに染料を吸着させる仕組みになっているので、ジアミン系の染料で皮膚や頭皮のトラブルを起こす心配はありません。保湿成分が髪に艶と潤いを与えるため、染めた後の満足度も高いでしょう。

ただし、このヘアマニュキアも稀に酸性染料の刺激に反応する人がいるので、パッチテストは必ず受けましょう。また、一般的な毛染めに比べて色落ちは早いので、染める回数が増えるのは覚悟する必要があります。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP