白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

ヘアマニュキアで白髪を染める【メリット&デメリット】は?

ヘアマニュキアで白髪を染める【メリット&デメリット】は?

【メリット】

ヘアマニュキアタイプの白髪染めは、髪にやさしい

カラーリング
一般的な白髪染めで湿疹やかゆみなどのトラブルが出てしまった人が、ヘアマニュキアに切り替えると、まったく症状が出ないというケースが数多くあります。それはなぜでしょうか?

髪をやさしくコーティングする「ヘアマニュキア」

まず、そもそもヘアマニュキアは、髪を染める方法自体が一般的な白髪染めとは異なります。一般的な白髪染めは、髪を傷つけてそこに色を入れていくという、やや強引な方法。それに比べてヘアマニュキアは、棒状のプレッツェルをチョコレートでコーティングするように、髪を傷つけずに優しく包んで着色させるという方法です。

もう少し詳しくお話しすると、一般的な白髪染めの場合は、酸化染料とアルカリ剤の入った「1剤」と酸化剤の入った「2剤」を使って髪を染めます。この2種類を混ぜて髪の毛に塗ると、アルカリ剤がキューティクルを開き、そこにできた隙間に色が入って定着するという仕組みです。

このとき、髪にとって大切なキューティクルはどうなっているかというと、ツンツンと毛羽立ったような状態になってしまいます。また、化学染料を染み込ませること自体も髪に負担を与えるので、次第に髪はパサパサと生気を失っていきます。これを何度も繰り返すと、正真正銘のダメージヘアになり、“天使の輪”も次第に消えていってしまうという訳です。

ヘアマニュキアは「イオン結合」で着色する

「ではヘアマニュキアは?」というと、ヘアマニュキアはまったくキューティクルを傷つけずに、
髪の表面をマニュキアのようにやさしくコーティングします。

一般的な白髪染めの染料が“ジアミン系の酸化染料”なのに対して、ヘアマニュキアの染料は“タール系の酸性染料”です。それを髪に塗ると、「イオン結合」によって毛髪の表面のキューティクルに染料が吸着し、白髪が染まるという仕組みになっています。

髪の毛にはプラスイオンとマイナスイオンが存在しているのですが、このうちのプラスイオンに酸性染料のマイナスイオンがピタッと付くので、髪の内部に無理やり入り込ませるというような裏ワザを使わなくても大丈夫なのです。

「え、タールを使うの?」と、ちょっと気になった人もいるかもしれませんね。たしかにタール色素は石油から作る化学染料ですが、ヘアマニュキアの場合は髪の内部に染料が染み込まないので、危険性は低いとされています。それでも心配な人は、無添加のタイプのヘアカラートリートメントを選ぶと良いでしょう。

トリートメントの保湿成分で髪がしっとり

ヘアマニュキアの中には、トリートメントを配合しているものも多く、その保湿成分が髪に艶と潤いを与えてくれます。また、何度か使うことでハリやコシも出てくるので、染めることが楽しくなってくるでしょう。

ただし、ひと言でヘアマニュキアといってもいろいろな製品があります。「艶と潤いが出るはずなのに、なんだかパサついてきちゃった!」という人も、中にはいるでしょう。その場合は、自分に合わないタイプの製品を使っているかもしれません。染め方や成分表示などもよくチェックして、自分に一番合ったタイプのものを選ぶことが大切です。

【デメリット】

ヘアマニュキアの“やさしさ”は、“弱さ”と表裏一体!

髪にやさしいヘアマニュキアですが、やさしさと弱さはやはり表裏一体! ヘアマニュキアは一般的な白髪染めに比べて色落ちが早いというデメリットもあるのです。

髪の色が落ちやすい

白髪を気にする
ソフトな雰囲気の男性は、優しいけれどナイーブで気が弱いように、ソフトに髪を包むヘアマニュキアにもそれなりのデメリットがあります。一番のデメリットは、やはり色が落ちやすいこと。ヘアマニュキアは染めてから1ヶ月、早い人は数週間で色が落ち始めます。髪を傷めるリスクを知っていても、一般的な白髪染めを使い続ける人がいるのは、このためなのですね。

「ヘアマニュキアを使いたいけれど、そんなにしょっちゅう染めていられない」という人は、色落ちした部分をクリームタイプの白髪染めで補いながらW使いをすると、毛染めのスパンをやや長くすることができるでしょう。また、何度か染め重ねていくことで、次第に色落ちはしにくくなっていきます。

黒髪にはあまり効果が無い

ヘアマニュキアは通常の白髪染めのように脱色の作業がないので、白髪をしっかり染めることはできるのですが、黒髪はほぼそのままの状態かほんのり茶色っぽい状態で染め終わります。髪全体が白髪の人には最適ですが、黒髪まじりの人は全体的な均一感という点で、不満が残る場合もあるかもしれません。

頭皮に付着すると染まってしまう

ヘアマニュキアは、頭皮に付着すると染まってしまうので、髪の根元を染めにくいというデメリットがあります。そのため、新しく生えてきた根元の白髪は、そのまま白い状態で生えてきてしまいます。この場合も、気になる人はクリームタイプの白髪染めで補いながら、W使いで上手に染めると良いでしょう。

染めてから数日後に色移りすることも

毛染めをしてから数日後、髪を洗ってタオルで拭いたら「あ! タオルが黒っぽくなってしまった」ということもあるのが、ヘアマニュキアの面倒なところ。朝起きた時に、枕カバーに色がついてしまうこともあります。でも、何度か染め重ねていくうちに、だんだんと色持ちはよくなるので、最初だけの辛抱と思って乗り切りましょう。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP