• HOME
  • 白髪染めコラム
  • 使いかけの白髪染めはいつまで取っておける?残った白髪染めを捨てるのはもったいない?

白髪染めコラム

白髪染めの歴史や現代の白髪染め事情、妊娠中の白髪染めなどなど、意外と知られていない白髪染めのお話や役に立つ情報をコラム形式で掲載しています。

使いかけの白髪染めはいつまで取っておける?残った白髪染めを捨てるのはもったいない?

使いかけの白髪染めはいつまで取っておける?残った白髪染めを捨てるのはもったいない?

1剤と2剤を混ぜ合わせる化学染料の入った白髪染めは、「混ぜたらその場で全部使い切る」のが鉄則です。たとえ染料が残っても、残しておくことはできません。それはなぜかというと…?

  • 白髪染めクチコミランキング

1剤と2剤を混ぜた混合液を、残しておけない理由は?

混ぜた後、時間が経つと染色効果がなくなる

1剤と2剤を混ぜた混合液は、化学反応によって色を染める効果が発生するため、時間が経つと染色効果がなくなってしまいます。そのため、「もったいなから取っておきたい」と思っても、次の機会に使うことはできません。

残った染料が入った容器を密閉すると、破裂することも!

また、残った染料が入った容器を密閉してしまうと、ガスが発生して破裂する危険性もあります。くれぐれも、1剤と2剤を混ぜ合わせた後は使い切り、もし残ったら速やかに下水に流すようにしましょう。

「たかがヘアケア製品だから」と甘く見ていると、思いがけない化学反応が起こってしまうこともあるのですね!そういう意味でも、白髪染めの製品を購入したら、まずは「使用説明書」をじっくり読むことをお勧めします。

ワンプッシュタイプの白髪染めなら、保存OK!

必要な量をプッシュして、残りは保存できるワンプッシュタイプ

あらかじめ容器に1剤・2剤の混合液が入っていて、ワンプッシュで使うタイプの白髪染めなら、必要な量だけを取り出して残りを保存することができます。

「化学染料を使ってしっかり染めたいけれど、どうしても使い残しが出てしまいがち」という人は、ワンプッシュタイプに切り替えた方が良いかもしれませんね。一度開封した染料は、6ヶ月以内に使い切れば大丈夫です。

チューブタイプの白髪染めも、保存できます

1剤と2剤がチューブになっているタイプなら、保存可能

1剤と2剤がチューブになっている白髪染めも、必要量を出した後で保存することができます。キャップをしておけば、2~3ヶ月は大丈夫なので、次の毛染めのタイミングで使い切ることができるでしょう。

ただし、開封した後は少しずつ変色していきます。「色が変わるのは何となくイヤ」という人には不向きかもしれませんが、染まり方には問題ありません。

ヘナの白髪染めは、使った後に残ったら密封して保管

アルミの袋は、品質劣化を防ぐ優れモノ

化学染料を使わない「ヘナ」の白髪染めの場合は、もし「使い切れずに残ってしまった」としても、保管状態を良くすることで取っておくことができます。

水やお湯で溶いた状態のヘナが残ってしまったら、まずはビニール袋に入れて密封し、それを粉の入っていたアルミの袋に入れてさらに密閉します。ヘナの袋の多くがアルミでできているのは、湿気からハーブを守り、品質劣化を防ぐ効果があるからです。

そして、密閉が終わったら、湿気の少ない日陰に保管しましょう。冷蔵庫や冷凍庫では保管できません。

一番気軽に保管できるのは、トリートメントタイプ

お風呂

バスルームで気軽に使えて、保管も便利

保管の点で王様的な存在なのが、何と言っても「トリートメントタイプ」の白髪染めです。普通のトリートメント感覚でバスルームなどに置いておくことができ、いつでも必要な量をチューブからスルスルッと取り出して、気軽に使うことができます。

また、「ヘアマニュキア」や「白髪染めシャンプー」も、開封後に捨てずに使い続けることができます。

白髪染めは、「このぐらいの量で大丈夫かな?」と思って取り出しても、「やっぱりちょっと足りない」「少しだけ余ってしまった」ということが、往々にしてあります。何度も経験をすれば、おおよその勘もつかめますが、それでも毎回適量をキープするのはなかなか難しいでしょう。

そう考えると、やはり保存ができて、いつでも必要量を出して気軽に使えるタイプはとても便利ですね!

化学染料の入っていた容器は、破棄する時に注意が必要!

ワンプッシュタイプは、捨てる前にガス抜きを

化学染料の入った白髪染めの容器は、「使い終わったらそのままポイッ」というのは絶対にNGです! 染料が残っていたら十分な水で洗い流し、各市町村の規定に従って廃棄してください。

ワンプッシュタイプのエアゾール容器は、廃棄をする際に特に注意が必要です。中身をすべて使い終わった後は、必ずガス抜きを行ってから捨てる必要があります。

トリートメントタイプやシャンプータイプの白髪染め、ヘナの白髪染めなどは、そうしたことにあまり神経を使うことなく、通常のシャンプーやリンスと同じように扱うことができます。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP