白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

白髪染めで密かに副作用が気になる成分

白髪染めで密かに副作用が気になる成分
  • 白髪染めクチコミランキング

知らないと怖い!その症状、副作用かも?

白髪染めの副作用は、気づかないうちに出ていることがあります。次のような症状に心当たりがありませんか?

頭皮がピリピリする、かゆみを感じる

白髪染めを使用したあと、ヒリヒリ、ピリピリするようなことはありませんか?あるいは、いつもよりフケが増えたり、かゆみを感じる場合も要注意です。もしかしたらその症状は、白髪染めに含まれる成分にアレルギー反応を起こしているのかもしれません。

ある日突然起こる可能性も

白髪染めの副作用は、突然発生することもあります。たとえ、もう10年白髪染め歴があるとしても、ある日染めた後いきなり顔が腫れた!なんてケースもあります。これは、白髪染めに含まれる成分が体内に蓄積され、限界を超えたためと考えられます。

ヘアカラータイプの白髪染めに多い

白髪染めの副作用は、それに含まれる化学成分が原因です。これはどのタイプの白髪染めにも含まれている可能性があります。その中で、特に副作用が起こりやすいのは、2剤式のヘアカラータイプの場合です。

というのは、ヘアカラータイプの場合、髪の毛のキューティクルを無理にこじ開けて染色成分を浸透させます。そしてそれに含まれる化学成分は髪の毛を通して血管へと伝わり、それが体内を巡ります。こうして、ヘアマニキュアなどに比べ、より直接的に体内に取り込まれやすいことで、副作用の可能性を高める原因となっています。

注意したい白髪染めの成分と予防策

副作用が出るかもしれないと思うと不安ですよね。そこで、副作用が気になる成分についてご紹介します。白髪染めを購入する際は、以下の成分が入っている場合使用に十分注意しましょう。

副作用が気になる成分名

具体的な成分は次の通りです。前述した通り、これらはどんな白髪染めのタイプにも含まれている可能性があります。例えば、天然染料といわれるヘナでも例外ではありません。購入する前によく確認しましょう。

ジアミン系 パラフェニレンジアミン(PPDA)、パラトルエンジアミン(PTDA)など
アミン系 アミノフェノール、レゾルシン、パラアミノフェノールなど
過酸化水素水

ジアミン系は酸化染料と呼ばれ、白髪染めにおいて色調をつくり出す役割があります。そこにアミン系のアミノフェノールなどが加わることで、発色剤の役目を果たします。レゾルシンは防腐剤です。

過酸化水素水はよく漂白剤にも使用されていますが、白髪染めにおいては酸化剤として脱色させるために使われます。2剤式のヘアカラーの場合、1剤目にジアミン系などの酸化染料とアルカリ剤が、2剤目に脱色させるための酸化剤が含まれていることが多いです。

副作用を防ぐためにパッチテストは毎回必須

白髪染めによってはパッチテストが付属していることがあります。特にヘアカラータイプのものにはついていることが多いです。このパッチテストは必ず行うようにしてください。毎回面倒ではありますが、副作用が起こるのを防ぐためには必須と考えられます。

体調が悪いときは別の日に予定変更が無難

白髪染めは髪の毛へのダメージとともに、少なからず体にも負担をかけるものです。特に女性の場合生理前後はホルモンバランスが崩れ、肌荒れなども起こりやすくなります。そうした不安定な状態のときは、副作用が起こる可能性も高まると考えられます。だからなるべく避ける方が無難です。もちろん風邪や体調不良の場合も同様です。

知らないまま放っておくと怖い!白髪染めの副作用

どんなものでも、大なり小なり副作用はあるもの。だから白髪染めの副作用といっても大したことはないだろう・・・なんて思ってはいけません!白髪染めの場合は、場合によっては恐ろしい副作用の危険があるんです。

失明する危険性

白髪染めをしていて、誤って目に入ってしまった場合、最悪は失明するケースも考えられます。染める際は、液だれなどに十分注意して行う必要があります。

突然の呼吸困難

アナフィラキシーショック

白髪染めの重篤な副作用の一つがアナフィラキシーショックと呼ばれるショック症状です。突然呼吸困難に陥るなどのケースが考えられます。これは白髪染めを使用した本人だけでなく、気化したものを吸った周囲の人間に起こる可能性もあります。特に小さい子どもがいる場合、その近くでの使用は避けましょう。

長期的な使用から内臓に障害

発がんリスクも

白髪染めの副作用は徐々に体内に蓄積し、内臓の機能障害を引き起こすこともあります。例えば内蔵の中で解毒作用を持つ肝臓や腎臓の機能に障害が生まれやすくなります。最悪の場合、それがガンへと進行するケースも存在します。

また、副作用となる物質は血液を通して体内を巡るので、造血機能に障害が生まれる可能性もあります。そうなると再生不良性貧血や白血病などの難病を引き起こすケースも考えられます。

白髪染めには知らずにいると怖い副作用があることを理解しておこう

手軽に手に入り、自分で簡単に染められる白髪染めですが、その中には私たちにとって恐ろしい副作用が起こる可能性が潜んでいます。そのことを理解した上で、十分注意して使用することが大切です。

白髪染めの中には、天然染料を使用したもの、無添加のものなど高品質なものもあります。そうしたものを使えば副作用のリスクが減る可能性は高くなります。ただし、天然染料を使用していても化学染料が含まれているケースも存在します。

だから、白髪染めを購入するときは、まずどんな成分が入っているかをしっかりとチェックしてみてください。その上で購入されることをおすすめします。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP