白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

敏感肌でも使用できる白髪染めはある!おすすめの白髪染めはこれ

敏感肌でも使用できる白髪染めはある!おすすめの白髪染めはこれ
  • 白髪染めクチコミランキング

敏感肌でも白髪染めを使って平気?

肌荒れしやすい敏感肌だと、化粧品やシャンプー、石鹸などいろんなものに気を使われているのではないでしょうか。その中で白髪染めは刺激が強そう・・・と思われる方もいるかもしれませんね。だから敏感肌でも白髪染めを使えるかどうか、調べてみました。

敏感肌でも白髪染めはできる

結論から言うと、敏感肌でも使える白髪染めを使える可能性はあります。そのために必要なことは、いくつかの注意点をクリアすることです。また、もし病院にかかっている人は主治医の先生に相談することも大切です。

成分をチェックしよう

普通肌の人でも、白髪染めで肌荒れが起こったりアレルギー反応が起こることがあります。だから敏感肌の人は特に、購入する前にどんな成分が入っているかを確認することが大切です。

特に注意したいのはジアミン系と呼ばれる成分です。これは例えば「パラフェニレンジアミン」や「パラトルエンジアミン」と表示されているもののことをいいます。また、アルカリ剤である「アミノフェノール」や「レゾルシン」、脱色剤である「過酸化水素水」にも注意しましょう。

これらは特に、市販のヘアカラー剤に含まれていることが多いです。こうした成分は普通の人でも湿疹やかぶれなどの症状を引き起こしたり、中には呼吸困難や意識障害など重篤な症状を引き起こす可能性があると言われています。

植物由来に騙されちゃダメ!

植物由来の製品は比較的肌に優しいものが多いです。敏感肌の人も、そういった製品を好んで購入されることがあるのではないでしょうか。白髪染めでも植物由来のものがあります。そうしたものを選べば、肌トラブルなどのリスクを減らせる可能性があります。

ただし注意したいのは、同じ植物由来の白髪染めでも、中には化学薬品が使われている場合があることです。そうした不安をなくすためにも、成分チェックは必要と考えられます。

敏感肌の人におすすめの白髪染め

白髪染めの種類は昔に比べて豊富になり、さまざまなタイプのものが販売されています。その中で敏感肌の人でも使える可能性が高い白髪染めについてご紹介します。

ヘアマニキュアタイプ

白髪染めで定番のヘアカラータイプのものは、アレルギー源となる成分の可能性以外にも、染料に対して体が拒絶反応を起こしてトラブルが起こる場合も考えられます。これは、ヘアカラータイプのものが髪の毛のキューティクルを無理やり開いて染料を染み込ませる構造だからです。

ヘアマニキュアタイプのものは、髪の毛をコーティングして色味をつけるので、キューティクルを傷つける可能性は低いです。それによって、トラブルが起こる可能性も軽減できると考えられます。また、このタイプは薬局などでも取り扱いが多く、種類も豊富です。そうして手軽に手に入るというのもヘアマニキュアタイプの魅力です。

一点注意したいのは、ヘアマニキュアは肌につくと落ちにくいと言われています。使用の際は付着しないよう注意しましょう。

ヘナカラー

ヘナはハーブの一種です。古代から染料として使用されてきました。天然の植物ということで、アトピーの人でも使えるケースが多く、比較的肌に優しい白髪染めと言われています。そしてヘナの特徴は、一度染めた部分は基本的に色落ちしないというところです。

その反面デメリットとして、色味がオレンジ系にしか染められないということが挙げられます。だから黒っぽくしたい場合は、インディゴなどの他の染料を使ってさらに染める必要があります。

シャンプー・トリートメントタイプ

敏感肌の人に特におすすめなのが、シャンプーやトリートメントタイプの白髪染めです。使用方法も入浴時に髪の毛を洗うのと同じようにするだけ、という手軽なものが多いです。洗髪するように使用できるということで、素手で扱えるものも多く、その点からも肌に対して優しい白髪染めと考えられます。このタイプも、アトピーでも使えるものがあります。

こうしたタイプは、毎日、あるいは数日おきに使用することで、徐々に色がついていくので自然に白髪をカバーできる可能性も高いです。また、継続することで伸びてきた白髪も目立ちにくくなります。トリートメントタイプの場合は、トリートメント効果も併せ持っているため使うごとに髪のツヤがアップする効果も期待できます。

このタイプでは、「ルプルプ」や「利尻ヘアカラー」、「レフィーネ」などの商品が人気のようです。他にも多く販売されているので、自分に合うものを見つけられる可能性も高いです。

ただ、こうしたタイプは色味が限られる場合も多いです。また、すぐに色味をつけたいときには即効性があまりないので不向きかもしれません。さらに、色持ちの期間が短めなので、継続して使用しなければならない場合も多いです。

白髪染め選びの際、ここにも注目しよう

白髪染めは日々進歩しており、肌質にとらわれず使用できるものが増えています。より安全に使用できるよう、もう少し注意したいことがあります。

パッチテストは必ず行う

敏感肌でも大丈夫、と口コミや宣伝で書かれていても、本当に自分でも大丈夫かどうかは使ってみないとわかりません。とはいえ、実際使ってからトラブルが起こっても困りますよね。だからそうならないよう予防策として、パッチテストを行ってから使用するようにしてみてください。

ハイトーンの白髪染めには注意

ヘアマニキュアタイプなどの種類によっては、ハイトーンに染められるものもあります。人によっては、真っ黒より少し明るめの髪色の方が好みだったり、顔に映える場合もありますよね。しかしハイトーンにするとなると、普通のカラーリングでも負担がかかりやすいといわれています。

だから敏感肌の方は、ダークブラウンなど真っ黒ではないものの、できるだけダークトーンのものを選ばれた方がいいかもしれません。

天然植物成分+無添加を意識

植物由来の白髪染めを購入する場合は、「無添加」のものも意識してみてください。前述したように、同じ植物由来でも安価なものだと化学薬品が使用されていることがあります。安価なものだと、こうしたケースも起こりやすいです。だから少々高くても、高品質なものを選ばれる方が安心して使える可能性が高まります。

また、肌に優しく、浸透性が高いとされるマカダミアナッツオイルなど、肌を保護する成分が含まれたものを選ぶのも一つの選択肢です。

敏感肌でも白髪染めはできる!

白髪染めの種類は豊富で、きちんと選べば敏感肌の方でも使用できる可能性が高いです。そのためにも、できるだけトラブルやリスクを減らせるよう、成分については購入する前によくよくチェックしてみてください。

また、実際使われる前にも、パッチテストで異常が起こらないか確認される方がおすすめです。白髪が染められれば、印象も変えられる可能性が高まります。焦らずじっくり、自分に合う白髪染めを探してみてください。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP