白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

白髪染めをするときに保護クリームを使う理由

白髪染めをするときに保護クリームを使う理由

白髪染めの時に使う保護クリームってどんなもの?

保護クリームにはどんな働きがあるのか、またどういったときに使われることが多いのでしょうか。

肌についた染料を落としやすくする働き

根元まで白髪を染めようと思うと、地肌や髪の毛以外の部分についてしまうことがあります。さすが、白髪を染める力を持つものだけあって、肌についたりするとなかなか落ちません。そんなとき、事前に保護クリームを塗っておくと、油分を含むもの同士なので比較的スムーズに染料を落とすことができます。

白髪染めには必須?お肌の保護、トラブル防止の働き

人によっては白髪染めで頭皮トラブルや肌荒れを起こすことがあります。例えばかぶれたり、色素沈着したりといったことです。保護クリームはそういったトラブルから肌を守り、防止する役目も持っています。

白髪染めやヘアマニキュアで使われることが多い

保護クリームが用いられるのは、主に白髪染めやヘアマニキュアをするときが多いです。特に白髪染めの染料は、白髪に不足する色素を補うために、吸着しやすい色素が使われています。そのため肌につくと、落ちにくいという困った現象が起こるのです。保護クリームを塗ることで、このトラブルを減らせる可能性が高いです。

保護クリームの使い方、白髪染めのときに影響はない?

保護クリームを使うときは、具体的にどういった部分を中心に塗ればいいのでしょうか。また、髪の毛についてしまったとき白髪染めに影響したりしないのでしょうか?

保護クリームを使うときはたっぷりと

保護クリームを使用する際は、たっぷり使いましょう。染料がつきやすいおでこや首、襟足など髪の毛の生え際を中心に塗るのが基本です。

保護クリームが髪の毛についても白髪染めで染まる?

「保護クリームを塗ると、髪の毛についたらその部分が染まらないのでは?」と不安になる方もいるかもしれません。実は、その不安があるものとないものとがあるようです。というのは、保護クリームには美容院で使われる業務用と通常のものとがあるからです。

そして、通常のものだと、髪の毛につくとその部分の白髪染め効果が正しく得られない可能性があります。だから使われるなら業務用のものの方がおすすめです。業務用であれば髪の毛についてもさほど影響がないため、生え際の地肌の中まで塗りやすいです。そうすれば地肌も黒くなりにくくなります。

「業務用」の保護クリームは手に入る?

「美容院が使うような業務用の保護クリームは、一般に手に入らないのでは?」と思われるかもしれませんが、大丈夫です。今は「プロ仕様」として市販でも購入できるものがあります。例えば「サボニーズスーパープロテクトクリーム」や「ファインC.P.プロテクター」などがあります。

保護クリームを用意し忘れた!白髪染めの時に代用できるものは?

白髪染めは定期的に行うものといっても、時には保護クリームをきらしてしまったり、用意できないときだってありますよね。そんなとき他に代用できるものがあるのでご紹介します。

保護クリームの代わりにワセリンやコールドクリーム

保護クリームは油性クリームで代用が可能です。油性というと代表的なのがワセリンではないでしょうか。ワセリンは肌質問わず使いやすいです。また、コールドクリームでも構いません。コールドクリームはマッサージやクレンジングにも代用できるので、一つ持っておくと便利かもしれませんね。

ハンドクリームでも保護クリームの代わりになる

ハンドクリームも保護クリームの代用品になります。これも多くの家庭に一つはあるものではないでしょうか。ハンドクリームの場合はジェルや乳液状のものなどテクスチャも豊富ですが、保護クリームに使用する場合はできるだけこってりしたクリームタイプのものを使いましょう。

髪の毛につくと白髪染めが染まりにくいこともあるので注意

代用品でも油分を含むものばかりなので、保護クリームとしての働きは十分期待できます。だからしっかりつけて染料から肌を保護しましょう。ただし、あくまで代用品なので、生え際などにつけすぎるとその部分の染まりが悪くなる可能性があることはお忘れなく・・・。

トラブル防止のためにも白髪染めをするときには保護クリームの使用がおすすめ

保護クリームは白髪染めが肌についたとき、頭皮や肌トラブルを防ぐためにも必要なものです。また、塗っておけば落としにくい染料も比較的落としやすくなります。手持ちのワセリンやハンドクリームなどで代用することも可能ですので、塗っておくことでより安心して白髪を染めやすくなります。

ただし、通常の保護クリームやハンドクリームなどを代用する場合は、髪の毛につくとその部分の染まりが悪くなることもあります。それを避けたい場合は、美容院でも使われるようなプロ仕様の保護クリームを購入されることをおすすめします。

  • 白髪染めクチコミランキング
  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
こちらの記事も一緒に読まれています
「白髪染めの基礎知識」おすすめコンテンツ
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP