白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

白髪染めをやめるタイミングとは。一度始めたら終わりはどこ?

白髪染めをやめるタイミングとは。一度始めたら終わりはどこ?
  • 白髪染めクチコミランキング

白髪染めをやめたい!

白髪染めをすると見た目にも若々しくなって好都合なことも多いはずです。それをやめたいと思ったり、それでもなかなかやめられないワケにはどういったことがあるのでしょうか。

白髪染めのやめどきとは

白髪染めをある程度続けた人で、やめたいと思うのは次のような理由が代表的です。これを読んでいるあなたにも、当てはまるものはありますか?

  • 定期的に染め直すのが面倒くさい
  • 白髪に移行したい、ロマンスグレーに憧れる
  • 白髪染めの頭皮への影響が気になる、症状が出ている

白髪染めは一度染めると全体だけでなく、伸びてきた根元や生え際の染め直しなどを数日おき、あるいは数週間に一回程度行う必要があります。そうした手間を面倒に思ったり、金銭的に負担が大きいと感じる人は多いです。

また、年齢とともに真っ黒の髪の毛では、顔とのバランスが悪いと感じる人もいます。そうした人はきれいな白髪やロマンスグレーに目が行くようになり、白髪染めをやめたいと思う人が多いようです。

他にも、白髪染めには化学薬品が含まれているものも多いので、その影響が気になるという理由も挙げられます。実際に頭皮のかゆみなどの症状が出ている人もいるので、そういう場合は早急に対応しなければなりませんね。

人それぞれ理由は違うかもしれませんが、一般的にはこうした理由が白髪染めのやめどきに感じられることが多いです。

それでも白髪染めをやめられない理由

やめたい、と思っている人もやめられないでいるのには「逆プリン」という障害が大きいと考えられます。つまり、完全に自然な状態になるまでに、根元は白いのに毛先に向かって色がついている状態です。白髪と染めた部分との境目がぼけるまでは人前に出づらく、結局我慢できずに染めてしまう人もいるようです。

白髪染めをやめるにはどうすればいい?

やめたいけどやめられない・・・そんなジレンマから抜け出すには次にあげる方法が一般的です。

  • 自然と色がなじむまで我慢する
  • 脱色する
  • 徐々に色のカラーを上げていく

一番自然な方法は、とにかく白髪染めをした部分の色が抜けて、伸びてきた部分との境目がなじむまで我慢する方法です。ただ、これは結構根気がいりますし、何より外出するとき人目が気になりやすいです。

その他には白髪染めを抜いてしまう脱色という方法や、徐々に色味を明るくしたり彩度を上げてなじませていく方法があります。しかしこれも、少し髪の毛への負担や、手間が気になるところです。

もう少し簡単に白髪をやめられないもの?

せっかく白髪染めをやめようと思っても、なかなかやめられないのは困りものです。もう少し簡単にやめられる方法はないのか調べてみました。

オシャレ染めで根元だけ

白髪を染めるものの種類には、「オシャレ染め」と呼ばれるものがあります。オシャレ染めの中にも何種類かありますが、できればヘアマニキュアタイプを選びましょう。そうすれば、2剤式のヘアカラータイプのようにキューティクルを無理に開いて染料を染み込ませるのではなく、色素をコーティングして色をつけるだけにできます。

コーティングするだけなので色が内部まで染み込みにくく、落ちやすいのが特徴です。だから使用を中止すれば、やがて自然な髪色に戻すことができます。白髪染めをする場合はデメリットになる点ですが、それをやめたいときにはメリットとして働きます。

また、ヘアマニキュアこタイプであれば、手肌にも優しいことが多く、頭皮への影響も軽減されやすいです。こうして白髪染めとの境目がなじむまで、ヘアマニキュアで根元など気になる部分だけ隠しておき、問題ない程度に落ち着いたら使用を中止すれば、自然な白髪へと移行できます。

トリートメントタイプで手軽に

ヘアマニキュアタイプのものには、トリートメントタイプのものもあります。これは入浴中、シャンプーの前後に使用し、髪の毛を洗う感覚で使えるのがメリットです。素手で使えるような低刺激のものが多く、なおかつ洗ったあとそのまま流せるので何か準備する必要もなく、手間いらずです。

年齢とともに頭皮は弱っていくので、刺激が弱いというのは大変魅力的です。また、トリートメントとしての効果もあるので使うほどにツヤが生まれる可能性もあります。このタイプは使用することで徐々に色がついていくことが多いです。だから染まりすぎる心配もほぼ必要ありません。

白髪染めをやめたあとは、このトリートメントタイプのものを使用し、徐々に使用頻度を減らしていくことで、自然と白髪染めをやめることが可能です。

こまめに髪の毛をカットする

白髪染めをした部分は、完全に色が抜けないで残る場合もあるので、カットするのが一番手っ取り早いです。女性の場合は男性のように短くするのは難しいですが、白髪染めをやめようと思ったら、一度我慢できるところまで短く切ってしまうのがおすすめです。

そうすれば、白髪染めの部分と自然に生えてきた部分との割合がより近づきます。そして白髪染めをやめて自然な状態に戻す期間も短くすることも可能です。

白髪染めをやめてもオシャレに見えるポイント

白髪染めをやめて白髪やロマンスグレーになっても、お手入れをしていないと台無しになることも・・・。そこで、周りから素敵だなと思われるような雰囲気にするために気を付けたいポイントをいくつかご紹介します。

髪型は常にスッキリと

せっかく素敵な髪色になったのに、ぼさぼさの頭でいるとズボラをしているように見られがちです。その髪色を活かすためにも、常にスッキリと整えておくことをおすすめします。

ヘアケアも怠らずに

白髪は見ている分には素敵ですが、その実老化が原因で起こっている状態なので、ツヤがなくパサパサしがちです。特に乾燥肌の人は注意が必要です。潤いを足すためには、最後のすすぎ湯に椿油などをほんの1滴足してすすぐのがおすすめです。それだけで清潔を保ちつつ、潤いを補充できます。また、頭皮マッサージを行うのも効果的です。

明るい服やメイクを楽しもう

年齢を重ねたからといって、落ち着いた色の服ばかり着る必要はありません。白髪には明るい色の服が似合います。パステルカラーや原色などの服をぜひ一度試着してみてください。また、すっぴんでいるより、眉を書いて薄くピンク色のリップを塗ったり、チークを入れる方が、顔色が映えることが多いです。

「もういい歳だから・・・」と思わず、白髪やロマンスグレーを活かしたオシャレを、どんどん楽しんでみることをおすすめします。

白髪染めのやめどきは自分が思ったときから始められる

白髪染めはいつまで、という決まりはありません。ただ、年齢とともに頭皮は弱っていくので、「もういいかな」と自分が思ったときがやめどきとなりそうです。ただし実際やめようと思ってもすぐにやめるのは難しく、少々我慢する必要があります。

そうして自然な状態に戻るまでは大変ですが、白髪やロマンスグレーは黒髪よりも明るい色の服やメイクが似合うことも多いです。だから少しの間の我慢と思って乗り切りましょう。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP