白髪染めを知る前にそもそも白髪とは

「どうして白くなるの?」といった白髪の原因や対策、予防のお話から、ヘナや昆布などの成分、人気商品の秘密のお話まで。白髪について、まずは正しい知識を学びましょう。

部分白髪の原因とは?「あれ? こんな所にまとまった白髪が!」と気づいたら

部分白髪の原因とは?「あれ? こんな所にまとまった白髪が!」と気づいたら

部分白髪は、どこに生えているかによって原因が異なる場合があります。「え! 部分白髪の場所によって何が原因かわかるの?」と驚いた人もいるかもしれませんね。

まるで“白髪占い”のようですが、もちろん単純に老化が原因で部分白髪になる場合もあるので、あまり考え過ぎるのも良くありません。もし一箇所にまとまって白髪が出ていたら、「もしかしたら?」と一応疑ってチェックしてみる、そんな気持ちで読んでいただけると良いでしょう。

こんなにある! 部分白髪の原因

まずは一般的な要因である「老化現象」から

人が年齢を重ねることで老化し、白髪が増えてくるのは仕方のないこと。身体のあちこちが衰えてくるように、髪の色素を作る「メラノサイト」も衰えるため、どうしても白髪は増えてしまうのです。

体質を改善したり、髪を作るのに必要な栄養素を補給したりすることで、「また黒髪が生えてきた」という経験を持つ人も中にはいるでしょう。誰もがそうなればラッキーですが、一般的には徐々に白髪へと向かうのが、オーソドックスなコースです。

では「老化によって部分白髪になるか?」というと、血流が滞りやすい場所に白髪ができやすいということはあるかもしれません。しかし、どちらかといえば一部分だけが白髪になった場合は、老化よりも紫外線やストレス・病気などの外的要因を疑った方が良いでしょう。

耳の上にできる部分白髪は、「ストレス」が原因!?

「疲れるとこめかみが痛くなる」という人はいませんか? それは、こめかみに「神経細胞」が通っているからです。

筋肉細胞が筋肉に役立つ細胞なら、神経細胞はその名の通り、人の神経を管理する細胞。外からの刺激をコンピュータのように情報処理し、他の細胞に伝える役目を果たしています。そのため、疲れることで神経細胞も疲労し、神経細胞が通っているこめかみに痛みを感じるのです。

「ストレス」が溜まった時も同じです。ストレスが溜まると神経細胞が疲れてしまい、神経細胞が通っているこめかみ部分の頭皮環境も悪くなります。そうなると、そこから生えてくる髪も当然ながら元気がなくなり、白髪となって生えてくるという訳です。疲れやストレスが身体にもたらす影響は、想像以上に大きそうですね!

「紫外線」を浴びると、頭頂部が白髪になりやすい

日焼け
テニスなど、戸外で頻繁に紫外線を浴びる機会の多い人は要注意! 頭頂部の分け目部分は太陽の光を直接受けるので、紫外線の影響でどうしても白髪ができやすくなります。

紫外線というと「美肌の天敵」というイメージがありますが、実は髪や頭皮にとってもかなり大きな敵です! 紫外線によって発生した「活性酸素」は、頭皮にダメージを与え、毛根や髪の色素を作るメラノサイトにも悪影響を及ぼします。

黒髪は頭皮や毛根の環境が整ってこそ美しく育つので、ダメージを受けた頭皮や毛根からは、当然ながら白髪も生えやすくなります。頭皮や髪を紫外線から守るためにも、戸外に出るときはなるべく帽子や日傘をさし、髪を紫外線にあてないようにすると良いでしょう。

シャンプーの仕方も、部分白髪に影響している

シャンプー
「こめかみや分け目以外のところに、なんだかまとまって白髪が生えている」という場合は、シャンプーの仕方を間違えている可能性もあります。

何となく自己流でシャンプーをしている人は、それが原因で部分白髪になっている場合もあるのです。泡を立ててシャンプーをすることは誰でもできることなので、間違ったやり方をしていても気づかずに、「まあ、いいか」とやり続けている人も少なくありません。

美容院に行ってシャンプーをしてもらったときに「自分のやり方とぜんぜん違う」と感じた場合は、基本のシャンプー法からかなりズレている可能性があると思った方が良いでしょう。自分でも無意識に、地肌の一部分を強く擦ってしまっていたりする場合もあります。そうすると、擦られた部分の頭皮だけがダメージを受けて、部分的に白髪になってしまうのです。

もし「部分白髪の部分を、いつも強く擦っているかも」と思いあたる人は、これを機会に正しいシャンプー法をマスターした方が良いでしょう。

白髪の原因が病気だった、ということもある

後頭部にまとまった白髪が生えてくるなど、「変にまとまって白髪が生えている」と感じた場合は、念のために内臓の不調を考慮した方がいいでしょう。髪は身体と一体なので、身体の不調は巡り巡って髪の不調とも直結します。

たとえば、前頭部の白髪は「胃」、側頭部は「肝臓」、後頭部は「腎臓」、耳の周辺は「歯」や「歯茎」の不調とつながりがあります。白髪をひとつのバロメーターとして体調を再確認することも、健康管理に役立つでしょう。

ただし、何事も考えすぎは禁物!白髪の原因はあくまで自然な老化現象であることも多いので、参考程度に考えていただければと思います。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP