白髪染めを知る前にそもそも白髪とは

「どうして白くなるの?」といった白髪の原因や対策、予防のお話から、ヘナや昆布などの成分、人気商品の秘密のお話まで。白髪について、まずは正しい知識を学びましょう。

20代なのに白髪が?黒髪を取り戻すための【5つの対策】

20代なのに白髪が?黒髪を取り戻すための【5つの対策】

今までまったく気づかなかったのに、ある日チラッと鏡を見たら、何やら頭に輝く白いものが…。それが若白髪との、最初の出会いです。

実はいま、20代で白髪に悩む人がとても増えています。40代・50代になって白髪が生えるのなら、「もう年だし、そろそろ出てもおかしくない」と納得できますが、20代で白髪が増えてしまうのは理解に苦しむし、何よりショックですよね。

でも大丈夫! 20代の白髪は、多くの人が努力次第で改善することができます。まずはその原因を知って、早速“白髪撲滅作戦”を開始しましょう!

  • 白髪染めクチコミランキング

20代なのに白髪が出てきたのはなぜ?

“白髪になりやすい体質”は、やっぱり遺伝する

大家族
20代で白髪が生えてくると、まず思い浮かべるのが「遺伝」でしょう。祖父や祖母が若い頃から白髪だったという話を聞いている人は、「やっぱりうちは白髪の家系だから、仕方ないかな」と、諦めてしまう人もいるかもしれません。

白髪の原因に、遺伝的な要因は本当にあるのでしょうか? これに関しては、決して否定はできないようです。ただし、白髪そのものが遺伝するのではなく、“白髪になりやすい体質が継承される”と考えたほうが良いでしょう。

遺伝とは関係ない原因で、若白髪になる人も多い

ただし、遺伝的な体質で若白髪になる人ばかりではありません。若いうちにできる白髪の多くは、遺伝的要因よりも他の要因が深く関わっているとも言われています。

「遺伝じゃないということは、いったん白髪が生えても、努力次第で黒髪に戻れるということ?」そうなんです! これは若年性脱毛症にもいえることですが、髪の異変を“身体から自分へのメッセージ”と受け止め、改善する努力をすることで、黒髪が育つ環境を取り戻すことができるのです。

20代で白髪になったら、生活を振り返ることが大切

身体が自分に「Help me!」と言っている

もしも自分自身の身体と対話することができたら、「あんまり夜更かしをすると、肌のターンオーバーが上手くできないよ」とか、「タバコを大量に吸うから、肺が困っているじゃないか」というように、身体からのメッセージを聞くこともできたかもしれません。

でも、残念ながら人間は、自分の身体の声を聞くことができません。では身体が何かを伝えたい時にはいったいどうするかというと、痛い・かゆい・腫れた・抜けたというような、人間にとって耐え難い状況を作って、「Help me!」と助けを求めるのです。

20代の若さで白髪になってしまうのも、「髪が白くなってしまうほど、身体が無理をしているよ!」と、身体から自分に無言のメッセージを送っているのですね。

20代の白髪から脱出するには、どうしたらいい?

20代で白髪に悩む多くの人は、今までの生活習慣を改善することで、少しずつ白髪が減るのを実感することができます。そのためには、次の5つの対策を心がけることが大切です。

【対策①】和食中心の、バランスの良い食生活を心がける

栄養士
仕事が忙しくて、ついつい「毎日お昼はハンバーガーや牛丼」といった、偏った食生活になっていませんか?「若いうちは何を食べても大丈夫」と思っている人もいるようですが、たとえ病気にはならなくても、白髪や抜け毛といった髪のトラブルが表れてしまうケースは少なくありません。

偏食によって栄養バランスが偏ると、髪を黒くするために必要な「メラニン色素」を作る「メラノサイト」に、栄養が行かなくなってしまうのです。

逆にいえば、そのメラノサイトにしっかりと栄養を送ってあげることで、今まで作れなかった色素を再び作り始めることができます。そのためには、ジャンクフードやお手軽なコンビニフードなどをなるべく控え、野菜や魚・海草・きのこ・ゴマ・豆類などを中心とした和食を摂るように心がけましょう。

【対策②】ストレスを減らして、リラックスした生活を送る

ストレスは人間にとってある程度は必要ですが、あまりに強いストレスがかかってしまうと、それが原因で白髪が増えてしまうことがあります。

過度のストレスが引き金となって身体の中の自律神経は乱れ、頭皮や毛根・色素細胞などがダメージを受けます。そうなると髪を黒くすることができなくなり、白髪のままで生えてきてしまうのです。

不慮の事態は仕方ないとしても、普段の生活ではなるべくストレスを溜めないよう自己管理をすることが、若白髪を作らないための大切な心がけです。

【対策③】十分な睡眠をとる

髪を黒くするのに必要なメラニン色素は、夜の22時~夜中の2時頃に最も生成が活発になります。そのため、できる限りこの時間帯(22時~2時)に質の高い睡眠をとるよう、心がけましょう。

【対策④】適度な運動をする

適度な運動は身体の血行を良くし、新陳代謝を活発にするため、健やかな髪を育てる上でもとても大切です。ウォーキングや筋トレ、ストレッチなど、毎日の生活の中でコンスタントに体を動かす習慣をつけましょう。

【対策⑤】無理なダイエットをやめる

「夏に水着を着るから、2ヶ月以内に絶対10kg痩せたい!」などと無理な目標を立て、痩せる夢は実現したけれど白髪が生えてしまったというようなケースも、少なくありません。

過度のダイエットによる栄養不足によって、髪の色素となるメラニン色素を作るメラノサイトに、十分な栄養がいかなくなってしまうからです。ダイエット中に若白髪が出てきたら、あらためて自分のダイエット法を見直してみましょう。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP