白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

白髪染めを始めるのは白髪が何本から?

白髪染めを始めるのは白髪が何本から?
  • 白髪染めクチコミランキング

みんなが白髪染めを始めるきっかけは?

一般的に皆さん白髪染めをするのは何本くらい白髪を見つけたときからなのでしょうか。

数本でも気になったら

染めるタイミングは人によって10本、20本と異なる中で、2~3本など数本でも見つかったら染めるという人もいます。あるいは少なければ抜いてしまうという人もいるようですね。一度気になると、たとえ1本でも気になって染めたくなるのが白髪というものの厄介なところですね。

かきわけて見つかる程度

髪の毛をかき分けて内側に白髪が増えたなと感じたときを染めるタイミングにしている人もいます。ただ、自分では気になっても、他の人から見るとまだ大丈夫と思われる範囲の場合もあります。

分け目が白っぽく、見て分かるほどになってから

白髪染めは少なからず髪の毛に負担をかける行為です。そのため髪の毛の内側だけなら我慢し、外側にも出てきて見て分かるほどになってから染める人もいます。あるいは分け目が白っぽくなって目立つようになったときがタイミング、というケースもあるようです。

フェイスラインを染めるタイミングの目安に

白髪染めのタイミングは、「本数」というよりも、その人が「気になったとき」が染め始めのタイミングと言えそうです。ただ、自分が気になっても人には気にならなかったり、その逆のパターンも考えられます。そこで、フェイスラインに出てきた白髪の本数を基準に考えるのが、一つの目安となりそうです。

白髪は顔まわりから出やすい

個人差はありますが、白髪は顔まわりから出始めることが多いです。そのため、なんとなく白髪が目立つな、まとまった本数が出てきたな、というタイミングを目安にすることもできます。ただし、人によっては後頭部など自分で分かりづらい部分に出ることもあります。だから一度白髪を発見したら鏡で定期的にチェックする方がいいかもしれません。

定期的にケアを

白髪は一度出始めると、定期的なケアを必要とすることが多いです。なるべく手間を減らすのであれば、全体染めは数カ月に1回程度に抑え、それまでに伸びてきた分は根元だけ染める用の部分染めを活用してみてください。

美容院であれば白髪染めとオシャレ染めをミックスしてもらえることも

自宅染めでは、白髪染めと普通のオシャレ染めによるヘアカラーをミックスすることは難しいです。できないわけではないですが、染め上がりが変になる可能性はあります。そして何より目的が違う薬剤同士を組み合わせることで副作用など体への負担も心配です。

ただし、美容院であれば、そのミックスが可能な場合もあります。例えば顔まわりなど白髪が気になる部分だけ白髪染めを使用し、それ以外の全体はオシャレ染めのヘアカラーを使って染めるといった方法です。こうした技術はスタッフの経験度合いにもよるので、もし希望する場合は、できるかどうか行きつけの美容院に相談してみてください。

数本程度からでも自宅で自然にカバーできる白髪染めは?

白髪染めを始めるタイミングは本数より、その人自身のタイミングという面が大きいです。とはいえ、自宅染めで白髪染めとオシャレ染めをミックスすること難しく、美容院に毎回行くのも経済的にきついですよね。そんな悩みを解決できるような白髪染めをご紹介します。

シャンプー・トリートメントタイプの白髪染め

白髪染めの種類には、シャンプーやトリートメントタイプのものがあります。こうしたタイプのものは、入浴中に髪の毛を洗うのと同時に白髪染めをすることが可能です。染め上がりも自然なので、数日おきなどに使用することで、徐々に色づいていきます。

天然素材を使用したものや、無添加で高品質なものも販売されています。そうしたものは素手でも染めることができ、肌への負担が優しいのも特徴です。シャンプー・トリートメントタイプの白髪染めは、白髪が数本でも気になりだしたときに使用してもいいですし、一度染めたあと伸びてきた根元が気になる場合もカバーできるケースが多いです。

トリートメント効果も期待できる

特に、トリートメントタイプの白髪染めなら、染めながらトリートメント効果も期待できます。使うたび自然に色づき、ツヤが生まれて扱いやすくなる可能性が高いです。

時間がないときはスティックタイプを活用

気づかない間に数本白髪ができていて、しかも染める時間が今はない・・・そんなときはスティックタイプやマスカラタイプなどの一時染めと呼ばれる白髪染めを活用してみてください。

こうしたタイプはシャンプーで落ちてしまうことが多いですが、時間がないときもサッと色を付けられます。携帯用に一つ持っておくと安心かもしれませんね。

白髪染めは「本数」より自分のタイミングで

白髪染めのタイミングは、人それぞれ気になるきっかけが違います。数本でも気になる人もいれば、10本、20本・・・あるいは人に言われるまで気にならない人もいます。だから、自分が気になるな、と思ったらそれが染めるタイミングとして考えることができます。

一つの目安としては、フェイスラインです。これは、顔まわりから白髪が増えることが多いからです。そして、白髪染めはそれなりに髪の毛に負担をかけ、副作用の可能性もある行動です。その場合、数本程度の白髪染めであれば、トリートメントタイプのものなどを使用すると負担をやわらげられることが多いです。

あるいは、美容院に行けば白髪染めとオシャレ染めヘアカラーとのミックスをしてもらえる場合もあります。一度染めだすと、定期的なケアも必要になることが多い白髪染め、自分のタイミングと合う方法とを見つけてみてください。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP