白髪染めコラム

白髪染めの歴史や現代の白髪染め事情、妊娠中の白髪染めなどなど、意外と知られていない白髪染めのお話や役に立つ情報をコラム形式で掲載しています。

白髪染めのカラーを少しでも長持ちさせる【3つの裏ワザ】

白髪染めのカラーを少しでも長持ちさせる【3つの裏ワザ】
  • 白髪染めクチコミランキング

【ウラ技その1】自分の髪質に合った染毛剤を選ぶ

「友達がすごくいい色に染まっていたから」と、友人と同じ白髪染めを選んだら、「色がぜんぜん合わないし、思ったより染まりにくかった」とガッカリしてしまう人もいます。

それもその筈、自分と友人の髪質は違うので、染まり方もかなり違うのです。自分がどんな髪質かを自覚することは、白髪染めのスタートライン! 髪質が細くて柔らかい人は一般的に染まりやすく、逆に硬くて太い人は染まりにくい傾向にあります。たとえば毛質が硬い人が明るい色に染めたいなら、思い描く色よりも明るめの色を選ぶなど、染まりやすさなどを前提にして染毛剤を選ぶと良いでしょう。

また、白髪染めにはイエロー系とレッド系があるのですが、軟毛の人はイエロー系・硬毛の人はレッド系と相性が合います。さらに自分の髪色などを見ながら、相性ピッタリの白髪染めと出会いたいですね!

【ウラ技その2】しっかり染めるための工夫をする

理想の室温は20~30度

白髪染めをする時に意外と重要なのが「室温」です。室温20~30度で染めるとよく染まり、温度が低いと染まりにくくなります。
入浴
20~30度というと、思い浮かべるのはバスルームですね。染料が飛び散った時のことなど、いろいろと考えると、やはり入浴中に染めるのが理想のスタイルなのかもしれません。「冬はお風呂場が寒いから」という人は、室内をしっかりと暖めてから染め始めましょう。

染料はたっぷりと付ける

「毛染め代もばかにならないから、チビチビ使わないともったいない」と、控えめの量で白髪染めをする人もいますが、これではしっかり染めることはできません。色ムラができたりして、満足できずに染め直したりすると、かえってもったいない結果になってしまいますね!

染料の量は説明書に書いてある適量を守り、顔周りや生え際など染まりにくい所から塗っていきましょう。トリートメントタイプの白髪染めなどは、やり始めだけは月に何回も染める必要がある製品が数多くあります。そうした回数を守ることも、しっかり染める上ではとても重要です。

染料を塗ったら、髪にサランラップを巻いてシャワーキャップをかぶる

ラップ
髪を染め終わったら、しばしのウェイティングタイム。このときに、ただシャワーキャップをかぶるよりも、サランラップで髪全体をグルッと巻いてからキャップをかぶると、染料が髪に浸透しやすくなります。

待ち時間は15分~1時間と、製品によってかなり開きがありますが、決められた待ち時間をしっかり守ることも大切です。

【ウラ技その3】一般的な白髪染めは、染めた後のトリートメントが大切

トリートメントがキューティクルに蓋をして、染料が流れるのを防ぐ

1剤と2剤を混ぜて染める一般的な白髪染めの場合は、染めた後にこまめにトリートメントをすることで髪を健やかに保ち、色持ちを良くすることができます。

一般的な白髪染めの持続期間は、1~2ヶ月ほど。その間にも生え際からは白髪が生えてくるので、部分染めをする必要はあるでしょう。「もっと長持ちしたらいいのに」と思うかもしれませんが、化学染料を使うことでキューティクルの内側に染料を染み込ませるこの方法は、今の毛染め技術では最も色持ちの良い毛染め法なのです。

さて、持続期間が1~2ヶ月と大ざっぱに書きましたが、この差はどうやって生まれるのでしょうか?もちろん、カラーが落ちやすい人と落ちにくい人の差もありますが、それ以外に「まめにトリートメントをしているかどうか」というのも、かなり影響しているのです。

白髪染めを染め終わった時点で、髪のキューティクルは開いたままの状態です。そこでトリートメントをすると、キューティクルは蓋がされたような状態になり、染料がそこから流れるのを防いでくれます。逆に染めた後に何もしないでいると、開いたままのキューティクルからは水分や栄養分が流れ出てしまい、髪はパサパサの状態になってしまうでしょう。トリートメントをすることで髪の毛の傷みも緩やかになるので、いいことづくめですね!

できれば白髪染めをする前にもトリートメントを行うと、より髪を健やかに保つことができます。洗い流さないタイプのトリートメントも人気ですが、この場合は洗い流すタイプを使うのがベスト。白髪染めをした次の日からも、できる限りまめにトリートメントをすると、カラーを長持ちさせることができるでしょう。

また、白髪染めをする時には普通のシャンプーでもかまいませんが、白髪染め専用のシャンプーを使うとさらに染まりが良くなります。「わざわざ買うのはもったいない」と思うかもしれませんが、カラーの持続期間が長くなることを考えると、かえってコスパは高いかもしれませんね。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP