白髪染めコラム

白髪染めの歴史や現代の白髪染め事情、妊娠中の白髪染めなどなど、意外と知られていない白髪染めのお話や役に立つ情報をコラム形式で掲載しています。

白髪染めの放置時間は、長ければ長いほどいいの?それとも…

白髪染めの放置時間は、長ければ長いほどいいの?それとも…

しっかりと白髪を染めるポイントは、「放置時間」「室温」「塗布量」

多くの白髪染めユーザーがやりがちなのが、“長時間の放置”です。「毛染め時間が長ければ長いほどいいと思って、ヘアキャップをしたまま寝た」「今日は毛染めをするので、朝からヘアキャップをしたまま誰とも会わない」など、白髪染めに対して並々ならぬ気合いを入れる人もいます。

でも、実は長時間放置したからといって、必ずしも美しく染まるわけではありません。逆に、「長時間放置したら、染まり過ぎてしまった!」ということもあるのです。しっかりと白髪を染めるポイントは、「放置時間」「室温」「塗布量」の3つを、上手にコントロールすることです。

では、白髪を自分の理想どおりに染めるには、いったいどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?上手に染めるための【3つの裏ワザ】をご紹介しながら、説明していきましょう!

上手に白髪を染めるための【3つの裏ワザ】

【裏ワザ1】染まりにくい場所を先に塗って、放置時間を延ばす

フェイスラインから先に塗って、時間差をつくる

「染まりにくい場所を先に塗る」などというと、ちょっと上級の技術のように感じますが、実際はとっても簡単です。染まりにくいと感じる所から、先に塗っていくだけです。

いつも白髪染めをする時に「ここはどうしていつも染まりにくいの?」と、イラッときてしまうような部分はありませんか? たとえば、フェイスライン。顔の周辺はどうしても白髪が集中しやすく、自分でも一番気になる箇所なので、まずは「第一弾」として先に塗ってしまうのです。
他の部分よりも先に塗れば、それだけ放置時間も長くなるという訳です。

塗りにくい箇所には、染毛剤をたっぷりと

染まりにくい箇所を先に塗る際に、やってしまいがちなのが「後で染毛剤が足りなくなってしまうと困るから、最初は少なめに塗ろう」とすることです。

たしかに、染毛剤の塗り具合を調節するのは、けっこう難しいですよね。最初にたっぷり使ってしまうと、ラストスパートで「あれ?もう染毛剤が無くなってしまった。どうしよう!」というようなことも、よくあります。トリートメントタイプのように、いつでも適量を出せる白髪染めなら問題はないのですが、1剤と2剤を混ぜる白髪染めやヘナのような粉の白髪染めは、一度に作って一気に使い切るタイプ。途中から追加するのが難しいので、意外と調節が大変です。

その辺のコントロールの仕方は、白髪染めの回数を重ねながら、徐々にマスターしていくしかありません。ちょっと勇気は要りますが、やはり染まりにくい箇所に染毛剤を多めにつけるのは、きれいに染めるための鉄則でもあります。ここはひとつ大胆に、最初からたっぷりと塗りましょう!

【裏ワザ2】室温に気をつけて、季節によっては放置時間を変える

染める時の室温は20~30度がベスト

温度計
「暖かい時期はよく染まるのに、冬になると染まりが悪い」ということはありませんか? これは、温度が低いと染まりにくいという、染毛剤の性質があるからです。

それはなぜかというと、温度が低いほど白髪染めの成分は髪に浸透しにくくなり、髪に定着しなかった染料がそのまま流れ落ちてしまうからです。また、寒いと染料自体も発色しにくくなってしまいます。バターを冷蔵庫で保存すると、硬くなってパンに塗りにくいのと一緒ですね。

これを防ぐためには、冬場はバスルームで染めるか、エアコンなどで部屋の温度を20~30度にしておくのがベスト。さらに、冬場は放置時間を長くするなど、臨機応変に調節しましょう。

室温が高すぎたり、放置時間が長すぎるのもタブー

「では、猛暑の時期はもっときれいに染まるの?」というと、決してそうではありません。染毛剤は20~30度の室温を目安に製品が作られているので、それ以上の温度になると想定外の反応になって、染めたい色に染まらないことがあるのです。

これは、「ヘアキャップをしたまま寝てしまった」というような、染毛時間を想定外に長くした場合にも当てはまります。製品自体がそこまでの放置時間を予定していないので、どんな色に染まるかは、“当たるも八卦”のような状態になってしまいます。

「こんな筈じゃなかったのに!」と後悔しないためには、やはり説明書に沿った使い方をするのがベストですね。

これはちょっと高等テクニック、“毛先から染める”

髪をブロック分けして染める人は、「とても面倒でやっていられない」と思うかもしれませんが、一応参考までにご紹介します。美容師さんが毛染めをしているのを見ると、まず始めに毛先や中央部を塗って、しばらく時間を置いてから根元を染めていきます。

これは、頭皮に近づくほど体温の関係で暖かくなるため、時間差をつくることで均一に染めようとするからです。これを聞いて「やってみよう」と思えるマメな方には、お勧めしたい裏ワザです。

【裏ワザ3】ラップを巻いて、染毛中の頭を温める

ラップ
「ラップを巻く」というのは、白髪染めの説明書には出ていないこともあるのですが、ベテランの白髪染めユーザーの間では、かなり知れ渡っている裏ワザです。

染毛剤をすべて塗り終わったら、髪にグルグルとラップを巻いてからシャワーキャップを被ると、染毛中の頭が温まってよりしっかりと染まります。頭にピッタリと付くように巻くのが、ポイントです。これはさほど面倒な作業ではないので、ぜひお勧めします。

ただし、キッチンのラップを使うとパッケージが汚れてしまうので、毛染め専用のラップを用意する方が良いでしょう。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP