白髪染めコラム

白髪染めの歴史や現代の白髪染め事情、妊娠中の白髪染めなどなど、意外と知られていない白髪染めのお話や役に立つ情報をコラム形式で掲載しています。

紫色に白髪染めするのはなぜ?

紫色に白髪染めするのはなぜ?
  • 白髪染めクチコミランキング

紫色にする理由は髪質にあった!?

白髪染めで紫にする理由は日本人の髪質が影響しているようです。

「黄色っぽい白」になってしまう髪質

テレビや雑誌などで素敵な白髪の外国人を見かけることがあります。ところが日本人の白髪とは少し色味が違うような気がしませんか?実は白人系の髪質の場合、金髪の色素が抜けると真っ白になりますが、アジア系の黒髪の場合、元々真っ白にならない髪質なんだそうです。

そのため、私たち日本人の場合、メラニン色素の働きが弱まって白髪になったとしても、すこし黄色がかった白髪になると言われています。さらに髪の毛は紫外線やダメージによって傷むことがあります。そうすると、ますます黄色みが強くなり、悪く言うと「黄ばんだ」ような色味になりやすいです。

アジア系の髪質で真っ白にしようと思った場合は、ブリーチをかけなければ難しいです。それだとますます髪の毛が傷む原因になりやすいです。

補色としての「紫」

せっかくの白髪も、黄色っぽいとなんとなく「きれい」には見えづらくなりますよね。そこで反対色で補正する「補色」という方法をとることで、透明感のある髪色へ見られやすくなります。黄色の反対色は紫や青色です。だから白髪染めで紫が使われたり、染める人が多いと考えられます。

オシャレカラーの「紫」

補色として紫が使われるわけですが、その濃さについてはお好みです。そのため、白髪をきれいに保ったり、透明感を出すだけであれば薄い水色程度の色目でも十分な場合があります。

見てハッキリと「紫」と分かる濃いめの色にされている場合には、「もう少し派手にしたい」というおしゃれ心や、「どうせなら長持ちさせたい」という気持ちからされていることも考えられます。

紫色に染めるのは自宅でもできる?

白髪染めするとなると、全体染めだけでなく定期的にリタッチをする必要があります。それなら好きなときに染められる自宅染めができるといいですよね。では紫色に染められる白髪染めはあるのでしょうか?

基本はヘアマニキュア

白髪染めにはいろいろな種類がありますが、紫色に染めたい場合はヘアマニキュアを使うのが一般的です。手軽に市販でも手に入り、染めるのに必要な時間も短いことが多いです。ヘアカラーに比べダメージが少ないことが多いヘアマニキュアも、中にはキューティクルを開く化学成分が含まれているものがあります。その場合髪の毛のダメージが心配です。

トリートメントタイプでは種類が限られる

日々の入浴でトリートメントしながら染められるということで、最近はトリートメントタイプも人気です。髪の毛だけでなく肌への負担も優しいことが多いので、できればそうしたもので白髪を染めたい人も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

ところがトリートメントタイプの場合、ブラックやダークブラウン、ブラウンといった色目のものが多く、紫色に染められるものは種類が限られるようです。そのため、人によってはいつも使っている種類ではないものを使わないといけない可能性もあります。

最初は美容院で相談する方がオススメ

白髪を紫色にしたいときは、できれば最初は美容院での施術をおすすめします。自分の髪の毛の状態や、色味の程度など自分に合うものは人それぞれ違うからです。黒や茶色に比べて紫色は色味に差が出やすい傾向があります。そのため専門知識を持った美容師さんと相談したり、一度染めてもらう方がよりきれいな髪色を保てる場合があります。

白髪染めの種類や使い方によって予期せぬ紫色に!?

「紫にするつもりはなくても、偶然そんな色になってしまった」、そんなケースも存在するようです。お仕事などをされている方は特に、自分の意に反して紫色になってしまうのは避けたいですよね。

「光で染まる」タイプとの併用で起こる?

白髪染めをしていて髪の毛が紫色になってしまったという人の中には、「光で染まる」タイプのヘアカラーを一般のヘアカラーに戻したとき起こったというケースがあります。また、紫色ではなく緑色になってしまった、という人もいるようです。

この現象の原因は、光で染まる白髪染めが金属系の成分を使っていることにあるようです。それが一般的な白髪染めに入っている成分と反応して、紫や他の色味に変わってしまったと考えられます。白髪染めをする場合は、光で染めるタイプのものと他のものは併用しないほうがよさそうです。

ヘナカラーで紫色になる?

自然派白髪染めとして人気のあるヘナカラー。肌への負担が少なく、アトピー性皮膚炎の方でも染められる可能性が高いということでも、使われる方が増えています。このヘナカラーのデメリットは、オレンジ系の色味にしか染められないところです。だから黒っぽい色味を出すために、インディゴなどの染料を使われることが多いです。

このヘナカラーでも髪の毛が紫になった、というケースがあります。そして、そのようなことが起こる原因には、インディゴの染め時間が短かったという理由が考えられます。通常、インディゴで染めたあとは1時間以上しっかりと髪の毛を「さらす」必要があります。

「さらす」というのは、髪の毛を洗い流したあと、湿ったままの状態を維持することです。髪の毛が乾きそうになったらその都度湿らせ、1時間経つまで放置すれば紫色になる現象は回避できる可能性が高いです。

もし30分しかさらすことができなかったとしても、翌日もう一度髪の毛を濡らして30分放置してみると、発色がもう一度進む可能性が高いです。

白髪染めの種類を変える場合はある程度期間を開けてからがベター

思っていた色味と変わってしまうことを防ぐためには、白髪染めの種類は一つに絞ることが第一と考えられます。とはいえ、生え際だけ染めたいときや、髪の毛に合わないので種類を変えたいというときも出てきます。

そんなときは、前回染めたときからある程度期間を開けて染める方が、変色を防ぎやすくなります。特に、金属製の染料が入ったものと、酸化染料の種類とでは念のため10日から2週間ほど開ける方がおすすめです。

白髪染めの「紫」は髪色を美しく見せるために合理的!

白髪を紫色に染めるというのは、オシャレとしての面はもちろんありますが、それ以上に髪の毛に美しく見せるという合理的な効果があるからだと考えられます。ほんの少し紫色を入れるだけで、透明感がアップすることもあります。

日本人の髪質として、元々黄色がかった白髪になりがちです。紫が苦手な人は青みがかったグレーや薄い水色などを取り入れてみてはいかがでしょうか。補色効果で美しい白髪へと変身できるかもしれませんよ。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP