白髪染めを知る前にそもそも白髪とは

「どうして白くなるの?」といった白髪の原因や対策、予防のお話から、ヘナや昆布などの成分、人気商品の秘密のお話まで。白髪について、まずは正しい知識を学びましょう。

謎の若白髪が急増中!20代でも安心はできない!

謎の若白髪が急増中!20代でも安心はできない!

いま、若白髪に悩む若者が急増しています。20代はもちろん、10代でも多く、中には小学生で白髪が生えてしまうケースもあるとか。誰でも探せば、1本や2本は白髪が見つかることもありますが、話はそのレベルではありません。20代でも白髪染めを考えなければならないほど、深刻な悩みを持つ若者が増えているのです。

「20代前半なのに、なぜ白髪に悩まなくちゃいけないの?」
「まじ、ショック大きい!」
「もう白髪染めをしないとダメかも」

そんな悲痛の声が、聞こえています。これは少なくとも、30年前には見られなかった現象です。もちろん当時でも遺伝的に若白髪の家系というのはありましたが、それは若者の中のごくわずか。大半の10代・20代は、白髪染めをするほど若白髪に悩むことはなかったのです。

では、「いったいなぜ?」

そこのところを、今回は深く探ってみましょう! 特に影響が大きい「食生活」と「ダイエット」を中心に、「ストレス」「睡眠」「運動」のことにも触れてみます。

  • 白髪染めクチコミランキング

<若白髪が増えた原因①> 食生活が変化した

和食

「個食の時代」になって20年以上、食生活は激変!

「個食の時代」と言われ始めたのが、1990年代頃。かつては一家団欒で食事をするのが普通でしたが、コンビニの台頭などによってその習慣が少しずつ崩れ始めていったのです。それまでの日本人の食事は、「味噌汁」「ご飯」「漬物」「煮物」「和え物」というのが多くの家庭の基本パターンで、それに肉料理が付いたり、魚料理が付いたりという和食が一般的でした。

「それって、昔の食生活でしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、健康な体や美しい黒髪を作るために無くてはならない栄養素が、和食にはビッシリと入っていたのです。たとえば味噌汁を例に挙げると、かつて広島の原爆に遭った人の中で、味噌汁と玄米おにぎりを食べた人たちが被爆しなかったと言われるほど、素晴らしい日本の伝統食です。漬物にも生命活動に欠かせない酵素が含まれ、煮物や和え物はビタミンなどの栄養補給に最適でした。

コンビニフードやスイーツが食生活の主役に

21世紀に入ると、「お味噌汁はあまり飲まない」という家庭が増え、ご飯の摂取量も減りました。そして、コンビニのサンドイッチで夕食を済ませる人や、中にはスイーツを食事にする人も現れました。サンドイッチやスイーツを食べること自体はOKですが、それをメインにしてしまうと当然ながら栄養不足に陥ります。

髪の毛は体内にある「メラニン色素」によって黒くなりますが、そのメラニン色素を作ってくれるのが、「メラノサイト」と呼ばれる色素工場のような場所です。メラノサイトは黒髪を作るのに必要な栄養があれば、せっせと色素を作れるのですが、栄養がないと色素を作ることができません。今の50代・60代の人に若白髪が少なかったのは、色素を作るのに必要な栄養を摂取している人が多かったことが、大きな要因です。

「かといって、急に和食中心の食生活なんて無理!」という人も多いでしょう。そんな時は、たとえばコンビニで食事を買う際に、煮物系のお惣菜を一緒に買うだけでもだいぶ違います。今の食生活を急激に変えることは無理でも、できることから心がけていくだけで、若白髪を減らすことに役立つでしょう。

<若白髪が増えた原因②> ダイエッターが増えた

トレーニング

急激に増えたダイエット人口

日本に「ダイエット」という言葉が使われ始めたのは、1980年代以降。その頃から「毎日サラダだけ」というような無理なダイエットをする人はいましたが、インターネットの普及によってさまざまなダイエット法が紹介されるようになり、ダイエット人口は急激に増え始めました。

1日に必要な栄養をきちんと摂りながら、無理なくダイエットを行う場合は、むしろ健康のためにも髪のためにもプラスに働くでしょう。でも、中には「これを食べるだけで痩せる」「ご飯を一切食べない」といった過激なダイエットもあり、減量の代償に体調を崩してしまう人も少なくありません。

無理なダイエットで、髪も身体も栄養不足に

無理なダイエットを続けていると、栄養不足によってメラニン色素を体内でうまく作ることができず、白髪が増えてしまうことがあります。ひどい時には、若年性脱毛症になってしまう場合もあります。たとえそうならなくても、「何となく身体がだるい」といった不定愁訴をかかえるダイエッターは、少なくありません。

特に女性は、理想的なウェイトをはるかに下回る体重を目指している人もいます。ところが男性はというと、ある程度ふくよかさを持つ女性に魅力を感じる人が、大半なのです。体重(kg)÷身長(m)×身長(m)でBMI値が求められますが、BMI18.5以下は痩せすぎ、25.0以上は肥満という一般的な数値を参考に、「自分にとって本当に理想的な体型」を目指しましょう!

<若白髪が増えた原因③> ストレス・寝不足・運動不足

イライラや夜更かし、運動ぎらいが白髪を促進

ストレスが溜まってイライラしたり、夜更かしが続いて慢性的な寝不足になったりすると、健康な黒髪を作る体内環境が崩れてしまいます。また、運動が好きでない人は、社会人になると極度に運動量が減ってしまう人も多く、新陳代謝が悪くなることで頭髪の環境も悪くなります。

無理のない範囲で、改善する努力を

ストレスが溜まりそうになったら、音楽を聴いたり好きな映画を観るなど、何か発散方法を見つけておくと良いでしょう。夜更かしがなかなか直らない場合は、思い切って早起きの習慣を先につけるのも、自然に早寝の習慣がつくひとつの方法です。

運動習慣が無い人は、まずは「毎朝10分ストレッチをする」「最寄り駅よりひと駅先まで歩いて通勤する」といった、無理のない運動から生活に取り入れてみましょう。こうした毎日の心がけによって、頭皮や毛根の状態も良くなり、少しずつ白髪を減らすことができます。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP