男性のための白髪染め講座

男性の場合、白髪を“そのまま”放置している人もたくさんいます。白髪染めと脱毛の関係や育毛剤との併用など、男性の白髪や白髪染めについて理解を深めてみましょう。

白髪染めを続けていたら、髪が抜けてきた!そんな時は?

白髪染めを続けていたら、髪が抜けてきた!そんな時は?

白髪染めが原因で毛が抜けることはある?

白髪染めで抜け毛になる直接的な根拠はない

「何歳になっても、美しい黒髪でいたい」と白髪染めを使い続けていた女性が、あるとき鏡で頭頂部を見て、自分の抜け毛のすごさにビックリ! そんな話を聞くと、「抜け毛の原因は白髪染めなのでは?」と思ってしまいますね。

では、おばあちゃまの抜け毛は、本当に白髪染めが原因だったのでしょうか? この問題に、はっきり「そうです」と答えられる根拠はありません。白髪染めを付けたら毛根がダメになるという直接的な理由は無いからです。

化学染料の入った白髪染めが、頭皮を強く刺激

ではなぜ、白髪染めをずっと使い続けている女性の中に、薄毛の方が多いのでしょうか?これはあくまでも“遠因”に過ぎませんが、こんな理由が考えられます。

美容院などで繰り返しヘアカラーを行ったり、化学染料の入った白髪染めをずっと使い続けていると、頭皮が長年にわたってダメージを受けてしまいます。髪の毛のキューティクルも剥がれ、グッタリと元気のない髪になってしまうので、ピアノ線のようにピンと立つ髪とはほど遠い姿です。

頭皮へのダメージが、育毛環境を悪くする

頭皮が強く刺激されると、髪も健やかに育たない

頭皮がやばい

頭皮といえば、髪の毛が育つ土壌のようなもの。そして髪の毛は、そこで育つ作物と同じです。農薬や放射能などによって土の状態が悪くなると、作物は育たなくなり、やがて不毛の土地と化してしまうでしょう。

化学成分の入った白髪染めを使い続けた場合も、幾度と無く頭皮がダメージを受けることで、育毛環境が次第に悪化していくのです。

一番怖い刺激物は「パラフェニレンジアミン」

化学染料を使った白髪染めには、ジアミン系の化合物が入っています。「ジアミンを使った白髪染めに気をつけよう」とよく言われるのは、「パラフェニレンジアミン」というとても刺激的な成分が、その中に含まれているからです。

長年にわたってジアミンを使った白髪染めを使い続けると、このパラフェニレンジアミンが髪や頭皮にダメージを与え、次第に育毛環境が悪くなってしまいます。

頭皮のかゆみやかぶれが、脱毛につながる

また、白髪染めを使っていて頭皮にかゆみやかぶれ・炎症などのトラブルが起こった場合、それが徐々に毛穴の奥に伝わって、最終的に脱毛してしまうケースもあります。

ジアミンの入った白髪染めを何年も使い続けている内に、化学物質が体内に溜まって白髪染めアレルギーを引き起こした場合などは、抜け毛の危険を特に注意した方が良いでしょう。「もしかしたら」と思った時は、すぐに病院で診察を受け、白髪染めによるアレルギーとわかればすぐに毛染めの使用を中止することです。

薄毛のように見えて、実は髪自体が細かったということも

長年白髪染めを続けている方が、だんだん薄毛になってきたと思っていたら、実は“薄毛”ではなく“細毛”だったというケースもあります。髪そのもののボリュームがないと、髪と髪との間に隙間ができて、薄毛のように見えてしまうのですね。

細毛の原因もまた、白髪染めに含まれているジアミン系の化合物です。薄毛にしても、細毛にしても、これ以上進行させないためには白髪染めの使用を控えた方が良いでしょう。

レディー・ガガの薄毛の原因も、毛染めだった!?

奇抜なファッションで常に話題を呼ぶレディ・ガガですが、頭のてっぺんの地肌があらわになったヘアスタイルも、実に衝撃的でした。

ガガといえば、グリーンやパープルなどのカラフルなヘアが印象的ですね。あれはウィッグかと思いきや、地毛に直接染めることも多いのだそうです。ある日を境に、髪を溶かした後の床にギッシリと毛がたまるほど、急激に髪が抜け始めたとか。

度重なるブリーチやエクステが、少しずつガガの頭皮にダメージを与えて抜け毛が進行したのではないかと、周囲では心配しています。他にも、カラフルなカラーに染める有名パフォーマーが薄毛になった話はいくつかあり、いかにきついカラーリングが髪にダメージを与えるかを、物語っているといえるでしょう。

フサフサの髪でいるためには、白髪染め選びが大切!

お勧めは「トリートメントタイプ」か、「ヘナ」の白髪染め
白髪は染めれば黒くなるけれど、髪が抜けてしまってはどうすることもできません。「ずっとフサフサの髪でいたい」と思うなら、髪を健やかに保つ白髪染めを選ぶことが大切です。

お勧めなのは、化学染料の入っていない「トリートメントタイプ」か「ヘナ」の白髪染めです。トリートメントタイプの白髪染めは髪や地肌に優しく、白髪染めアレルギーの心配もありません。ヘナよりも手軽に使えるので、無理なく継続するにはもってこいですね。

また、「ヘナ」は天然のハーブを使っているので、白髪染め負けが起きないどころか、髪や地肌を元気にしてくれます。「ヘナを使い続けたら、頭皮のかぶれが治ってしまった」という人もいるほどです。

一度薄毛になったら、もう戻らないの?

決して諦めないで! 努力すれば改善される可能性があります。

「薄毛になったから、もうカツラを付けるしかない」と、サッサと諦めてしまう人もいるのですが、ちょっと待って! 努力すれば、薄毛の症状が改善される可能性はまだまだあります。

まず最初にやることは、今まで使っていた白髪染めの使用をストップすること。そして、もしも白髪染めを継続したいなら、化学染料の入っていない白髪染めに切り替えることです。

また、抜け毛を改善するためには、生活習慣を見直すことも重要です。食生活の偏りをなくし、十分な睡眠と適度な運動を心がけましょう。過度のダイエットなども脱毛につながるので、十分気をつけることが大切です。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
「男性のための白髪染め講座」おすすめコンテンツ
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP