白髪染めの基礎知識

白髪が目立ち始めたら、多くの人がカラーリングを考えますが、むやみに染めると髪や頭皮を傷めます。より効果的なヘアカラーリングを行うために、正しい白髪染めのハウツーを学びましょう。

白髪染め後のダメージ|始める前に知っておきたい!

白髪染め後のダメージ|始める前に知っておきたい!
  • 白髪染めクチコミランキング

染めて終わりではない白髪染め

白髪染め後、髪の毛はどんな状態になっているのか調べてみると、想像以上にダメージを受けていることが分かりました。

ゴワゴワ、ぱさぱさ・・・それがダメージの証拠

白髪染めをしたあと、髪の毛がゴワゴワする、パサつきが気になるということはありませんか?実はそれがダメージの証なんです。こういった手触りは、カラーリングでも感じたことがある、という人もいるかもしれませんね。白髪染めではさらに起こりやすいと言われています。

ダメージの原因はアルカリ剤!?

髪の毛にダメージを与える原因の一つが、白髪染めに含まれるアルカリ剤と言われています。このアルカリ剤は、特に2剤式のヘアカラー剤に含まれていることが多いです。また、アミノフェノールや、パラアミノフェノール、あるいはレゾルシンなどと表示されている場合があります。

2剤式で白髪が染まる仕組みは、アルカリ剤のたんぱく質を分解する作用を利用し、キューティクルをこじ開け、染料を染み込ませるというものです。キューティクルはご存じの通り、髪の毛を守り、ツヤやハリを維持するものです。そして、一度乱れたキューティクルを元に戻すには時間がかかります。

このように、白髪染めをするときアルカリ剤によって髪の毛は大きなダメージを受けているのです。さらに、白髪染めをしたあとも、アルカリ剤が残ってしまうとそのまま侵食が続けます。つまり、きちんとケアしなければ、どんどん髪の毛は傷んでしまうのです。

無添加だから、と安心は禁物!

白髪染めは種類が豊富で、天然の植物成分を使用したものや、無添加というものも登場しています。こうした白髪染めなら、ダメージもなさそう・・・と思ってはいけないようです。確かに、ダメージの少ない白髪染めは存在するようですが、人によっては無添加でも髪の毛がパサパサしたり、トラブルが起こる可能性は残っています。

白髪染めのあとはダメージを回復するためのケアが大切

ダメージは困りますが、だからといって白髪をそのままにしておくのも憂鬱ですよね。だから、白髪染め後のケアに力を入れてみましょう。それによって回復する可能性も高まります。

念入りな洗い流しとトリートメント

白髪染めが終わったら、まずはぬるま湯でよくすすぎましょう。染料が残っていると、それが髪の毛のダメージを進行させたり、肌トラブルの原因になります。頭皮まで意識して十分に洗い流して、それからシャンプーをします。このシャンプーで、さらに染料をよく落とし、開いてしまったキューティクルを閉じやすくする効果が期待できます。

このシャンプーをする際の注意ですが、すすぎを十分にしないまま行うと、かえって刺激となることがあります。そのため、色落ちがなくなりお湯が透明になるまで、十分にすすいでからシャンプーしてください。また、キューティクルは濡れるとはがれやすくなる性質があります。それをなるべく防ぐためにも、優しく洗うよう心がけましょう。

シャンプーを2回に分けて行うのも効果的です。その場合1回目は軽く、2回目にしっかりと洗うようなイメージで行ってください。そのあと、トリートメントとコンディショナーでケアします。トリートメントにはダメージを受けた髪の毛の補修を、コンディショナーはさらにキューティクルを元の状態に近づける効果があります。

ドライヤーで手早く乾かす

洗い流しが終わったら、水気をとり手早く乾かしましょう。できれば低温ドライヤーか、マイナスイオンが出るドライヤーを使うと、よりダメージの回復に効果的です。

時々頭皮ケアを

きちんとケアしているようで、意外と頭皮に汚れが残ってしまうことがあります。それが元で肌トラブルが起こることも考えられるので、ときどき頭皮のケアを取り入れるのも有効な手段です。

美容院などでは頭皮クレンジングなどが行われているケースもありますので、相談してみてもいいかもしれません。

ダメージを減らすために染めるときにできること

白髪染めをした後は、髪の毛にダメージを与えることを避けるのは難しいです。それでも染めるときに少し気を付けることで、軽減できることもあります。

放置時間など、使用説明書の指示を守る

白髪染めには、使用に関する説明書がついているはず。そこには放置時間などの指示も書かれていますよね。室温が低くて染まりが悪いときや、白髪の割合が多い人の場合は、少し長めにされることもあるかもしれません。そういった場合は除いて、できるだけ必要以上に放置しないことが髪の毛のためでもあります。

染めすぎに注意!

白髪って一度気になると、そればかり気になってしまうことがあります。とはいえ、一か月に何度も何度も染め直すのは、髪の毛を傷める原因です。全体染めはできるだけ2~3カ月に1回程度に留めましょう。それ以外は、気になった部分だけ染めるという方が負担は少なくなります。

白髪染めの種類を使い分けてダメージを減らそう

最近は本当に白髪染めの種類が豊富で、色んなタイプがあります。このおかげで、状況に応じて使い分けをすることが可能です。例えば、色持ちは短めですがトリートメント効果も期待できる、ヘアカラートリートメントタイプなら毎日、あるいは数日おきに使用することで、伸びてきた白髪も自然に染めることができます。

また、ヘアカラー剤で全体染めをするなら泡タイプのものがムラになりにくいですし、部分的に染めたいときはクリームタイプのものが液だれせずピンポイントで染めやすいです。あるいは、気になったときだけサッと隠せるマスカラタイプやスティックタイプの一時染めなら、シャンプーで落とすことができるので髪の毛の負担も軽減できます。

ダメージケアも行いつつ、無理のない白髪染めを

自分でも手軽に行える白髪染めですが、実は意外と髪の毛に負担をかけていることが多いです。髪の毛が傷んでいると、白髪染めの染まりも悪くなるかもしれません。ダメージは蓄積していくものだからです。それを念頭に置いて、染めた後は念入りにケアを行ってみてください。

また、ヘアカラートリートメントタイプのものであれば、白髪染めとダメージケアを両方同時に行える可能性があります。色んなタイプを使い分けて、ダメージとも上手に付き合っていきましょう。白髪がきれいに染まれば、心も晴れやかになるはずです。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
  • No related posts.
「白髪染めの基礎知識」おすすめコンテンツ
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP