白髪染めコラム

白髪染めの歴史や現代の白髪染め事情、妊娠中の白髪染めなどなど、意外と知られていない白髪染めのお話や役に立つ情報をコラム形式で掲載しています。

妊娠中に白髪染めをすると良くないって、ほんと?

妊娠中に白髪染めをすると良くないって、ほんと?
  • 白髪染めクチコミランキング

妊娠中はヘアカラーをしてはいけない?

だめ

妊娠中の皮膚はとてもデリケート

マタニティ系の書物などを読むと、「妊娠中はヘアカラーをしてはいけない」というアドバイスが出ていることがありますが、これは本当でしょうか? 実際にヘアカラー製品の説明書にも、妊婦の使用を控えるよう指示されているケースがあります。

生理中や妊娠中は皮膚が過敏になっているので、かぶれなどの症状を起こしやすいというのは、確かなようです。妊娠中は免疫力も低くなっているので、「いつもなら何ともない白髪染めなのに、妊娠中に使ったらかぶれてしまった」というようなことが起こり得るのです。

化学染料を使った白髪染めには要注意!

でも、妊娠中の毛染めが危ないのは、それだけではありません。1剤と2剤を混ぜて使うような化学染料を含んだ白髪染めの場合、その化学物質が頭皮から毛細血管を通り抜けて体内に入り、胎児に影響を及ぼす可能性があると指摘する人もいます。

10ヶ月間という短い期間に使った白髪染めの成分が、どこまで体内に入るのかは、専門家の意見も分かれるところです。でも、やはり大事な赤ちゃんのために「さわらぬ神にたたりなし」と判断するのが、賢い選択といえるかもしれません。

母体が急性のショック症状を起こす場合もある

母体にとって最悪のケースを想定すれば、染毛剤に含まれている「パラフェニレンジアミン」という成分の影響によって、アナフィラキシー(急性のショック症状)を起こす場合もあります。アナフィラキシーの症状とは、たとえば激しい呼吸困難であったり、顔や喉などの痛み・咳・食欲不振などさまざまです。また、パラフェニレンジアミンの影響で結膜炎や気管支喘息・腎臓障害・貧血などの症状を起こしてしまう人もいます。

もし妊娠中にそんな症状が起こってしまったら、胎児に影響がないわけはありませんね。そういう意味でも、妊娠中の白髪染めの使用は、十分に気をつける必要があるでしょう。

でもやっぱり、白髪染めをしたい!そんな時は?

妊娠中のたばこ
妊娠中はタバコやお酒を控えるのはもちろんのこと、ステロイド剤などの薬品の使用を止められたり、食べてはいけない食品があるなど、さまざまな点で「NG」を出されることが多いもの。妊娠中に骨折をしてしまって、超音波などの電気治療が受けられず、辛い思いをした妊婦さんもいます。白髪染めも例外ではなく、妊娠中のNG項目のひとつとして、しばらくは赤ちゃんのために我慢をするのがベストなのでしょう。

とはいえ、「今までずっと白髪染めをしていたのに、妊娠中だけ白髪まじりの髪でいてくださいって言われても、絶対無理!」というのも、もっともな話です。女性であれば、「妊娠中だけはオンナをやめてください」と言われているようなものですから。

でも、大丈夫! そんな時には化学染料不使用のトリートメントタイプか、100%天然素材のヘナで白髪染めをすれば、胎児への心配もなく安心して黒髪をキープできます。

化学染料が入っていない、トリートメントタイプの白髪染め

トリートメントタイプの白髪染めなら、パラフェニレンジアミンなどの化学染料が含まれていないので、妊娠中でも安心して使うことができます。

また、妊娠中は手のかかることはなるべく避けたいものですが、トリートメントタイプの白髪染めはシャンプーのついでにササッと染めることができます。ツンとするような染料特有の臭いもなく、つわりの間でも快適に使うことができるでしょう。

天然素材100%のヘナは、色持ちもそこそこいい

「妊娠中でも、これなら絶対に安心!」とおススメできるのが、100%天然成分を使ったヘナの白髪染めです。ヘナは、インドや中近東などに自生しているハーブ(植物)の一種で、毒素を出して身体を内側からきれいにするパワーもあるという優れもの。色持ちも比較的良く、月に何度も染めなければならないということもありません。

ただし、ごく稀にヘナにかぶれるタイプの人もいるので、使用前には必ずパッチテストを行いましょう。また、「ヘナ」という名称が付いていても、中には天然成分のほかにジアミン系の化学染料を含んでいる製品もあります。購入する時には、必ず成分表示をチェックしましょう!

産後の白髪や抜け毛にもご注意を

女性の髪の毛はホルモンバランスに大きく影響されるのですが、妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンが急激に増えるため、肌が敏感になるだけでなく髪質まで変わってしまうことがあります。そして出産後はその逆で、女性ホルモンが急激に減ってしまうために、抜け毛や白髪が増えてしまう場合があるのです。

産後の不安定な状態が治まれば、自然と症状も回復してきますが、あまりにひどい場合は医師の診察を受けた方が良いでしょう。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
「白髪染めコラム」おすすめコンテンツ
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP