白髪染めコラム

白髪染めの歴史や現代の白髪染め事情、妊娠中の白髪染めなどなど、意外と知られていない白髪染めのお話や役に立つ情報をコラム形式で掲載しています。

リタッチの白髪染めの間隔を上手に長持ち

リタッチの白髪染めの間隔を上手に長持ち

白髪染めのダメージ軽減にリタッチが有効!その効果とは?

白髪染めにはダメージを減らすためにリタッチを取り入れる人が多いです。では実際、それによってどういった効果が生まれるのでしょうか。

部分的に染められて手軽

髪の毛全体を白髪染めするとなると、時間も手間もかかります。リタッチは気になる部分だけ染める方法なので、短時間で済ませられることが多く、手軽です。また髪の毛や頭皮へのダメージも、全体染めのときにに比べて軽くしやすいです。これもメリットと考えられます。

自然な髪色にまとまりやすい

リタッチは髪の毛の生え際に出てきた白髪をカバーしたいときに有効な手段です。白髪って、生え際にちょっと伸びてきただけで髪の毛全体に影響を与えやすいものですよね。それだけで顔や全身を老けて見えさせることもあります。

だからリタッチで生え際をカバーすると、全体とのバランスが整って自然な髪色にまとめてくれる効果が期待できます。見た目のマイナス効果を軽減するのにも、リタッチは役立ちます。

金額もお財布に優しめ

種類にもよりますが、リタッチ用の白髪染めは一般的に1,000円前後で手に入れられることが多いです。比較的安価で手に入れやすいということも、リタッチをしやすくしている効果と考えられます。

白髪染めのリタッチの間隔と、長持ちさせるために注意したいこと

全体を染める場合、2~3カ月に1回程度の頻度が理想と言われています。リタッチの場合はその間に気になったとき染めることになりますが、どの程度の間隔や頻度で行えばいいのでしょうか。またなるべく長持ちさせるためにはどんなことに気を付ければいいのか見ていきましょう。

リタッチの間隔は1~2カ月に1回が理想

リタッチは「1~2か月に1回の間隔」が理想と言われています。つまり、全体染めをする間に1回程度と考えられます。個人差はあれど、「髪の毛は平均して一か月に1cmずつ伸びる」、といわれていますので、そのくらい伸びたところで生え際を染め直すというイメージでしょうか。

人によっては、ちょっとでも生え際が少しでも白くなると気になる方もいるかもしれません。ただ、リタッチと言えどもあまり頻繁に白髪染めを使うことは、頭皮トラブルや髪の毛のダメージが起こりやすくなる原因です。

石油系シャンプーは避けよう

白髪染めを使ったあとは、色落ちを防ぐことが長持ちさせるポイントの一つと考えられます。そのために、使用するシャンプーを見直してみましょう。市販のシャンプーの多くは「石油系」と呼ばれるシリコン入りのシャンプーです。これは汚れを落としやすいメリットはあるものの、逆に洗浄力や脱脂力が強すぎる一面も持っています。

そのため、頭皮に必要な皮脂まで奪われ、乾燥しやすい状態を作ります。頭皮の乾燥は色落ちにもつながりやすく、汚れは落としてもある程度の皮脂は残しておく必要があります。そこで、シャンプーをノンシリコンのものに変えたり、カラーリング用のものに変えることをおすすめします。特に、天然アミノ酸系のシャンプーは髪や頭皮に比較的優しいです。

また、白髪を染め直した日はシャンプー自体を控えるということも、長持ちさせる効果を生み出すポイントです。

トリートメントケアでいい状態を保つ

ノンシリコンやアミノ酸系のシャンプーは、髪の毛や頭皮に優しい分毛先が傷み易かったり、コンディションを整える力は弱めです。また、ヘアカラータイプの白髪染めの場合、キューティクルを開く作用があるので、その分髪の毛が傷みやすいです。

だからリタッチをしたあと髪の毛のケアをすることも長持ちさせるポイントとして考えられます。面倒かもしれませんが、毎日ケアすることで毛先が整ったり、キューティクルが閉じやすくなります。

白髪染めのリタッチと上手に付き合うために

リタッチと言えども、染めるのは手間に感じることがあります。より負担を減らして長持ちさせるためにできることをまとめてみました。

トリートメントタイプの白髪染めで一石二鳥

白髪染めと同時にヘアケアもできるトリートメントタイプが気になっている方も多いのではないでしょうか。このタイプを活用すれば、ヘアケアをしながら自然と生え際を染められるので、リタッチというほどの手間も感じにくくなるかもしれません。

ただ、色味が限られる場合や、製品によっては化学成分が入っていることもあります。購入する前はよく確認してから使われることをおすすめします。

「どうしても染めたい!」そんなときは一時染めを活用

リタッチといえど、頭皮や髪の毛への負担は避けられません。だからあまり頻繁に染め直すことはおすすめできません。ただ、お友達と会うときや旅行、大事なお客様が来られるときなど、どうしても身だしなみを整えたいときってありますよね。

そんなとき、ふと鏡をチェックして「あれ?この間リタッチしたところだけど、もう白髪が気になるような・・・」と思った場合、あなたらならどうされますか?トラブルを覚悟して染め直すか、リスクは犯さず我慢するか、悩みどころではないでしょうか。

その場合は「一時染め」と呼ばれるタイプの白髪染めでしのぐ、という選択肢が考えられます。サッと隠せて、シャンプーで落とせるタイプがほとんどなので、負担を少なくしてカバーすることが可能です。一日、あるいは数日程度であれば、このタイプで十分カバーできるのではないでしょうか。

種類もスティックやファンデーション状のもの、マスカラタイプなど豊富にあります。携帯にも便利な小さ目のものもあるので、好みに合わせて持っておくと便利です。

ときどきは美容院を使うのもおすすめ

白髪染めは自宅で手軽に行うことができますが、専門知識を持った美容師に染めてもらうと、色持ちやダメージの出具合が違うことがあります。それはリタッチの場合も同様です。毎回美容院で染めるのは経済的にも負担が大きいことが多いですが、リタッチでも時々は美容院で染めると、長持ちしやすくなるかもしれません。

あるいは、美容院であれば生え際が気にならないよう、上手にカットしてもらうことも可能です。そうすればリタッチで起こる負担をさらに減らし、髪の毛の健康を保ちやすくなります。

髪の毛をいたわって白髪染めのリタッチと上手にお付き合い

白髪染めのリタッチは、全体染めより負担が軽いといっても1~2カ月に1回程度の間隔が理想です。あまり頻繁に染めると、その分頭皮や髪の毛への負担が大きくなりやすいからです。

その間隔を維持するために、まずは色落ちを防げるようヘアケアを見直してみてください。それにはシャンプーの種類をノンシリコンやアミノ酸系に変えたり、トリートメントを毎日行うなどの方法があります。また、トリートメントタイプの白髪染めでリタッチとトリートメントを同時に行うという選択肢もあります。

リタッチをしてから間もないのに白髪が気になるときは、一時染めを使用すると便利です。一つ持っておくと、時間がないときにササッとその場は隠すこともできます。なるべく頭皮や髪の毛をいたわるような方法でリタッチすることが、上手に長持ちさせる一つのポイントとなりそうです。

こちらの記事も一緒に読まれています
「白髪染めコラム」おすすめコンテンツ
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP