白髪染めコラム

白髪染めの歴史や現代の白髪染め事情、妊娠中の白髪染めなどなど、意外と知られていない白髪染めのお話や役に立つ情報をコラム形式で掲載しています。

白髪染めをしたら、かぶれてしまった、、、ショック!そんな時は?

白髪染めをしたら、かぶれてしまった、、、ショック!そんな時は?

いま、あなたはどんなタイプの白髪染めを使っていますか? 化学染料の入った白髪染めですか? それとも、トリートメントタイプやヘナのような自然派の白髪染めでしょうか? もしも、化学染料の入った白髪染めを使っていたとしたら、その成分が原因でかぶれてしまった可能性が濃厚です。

白髪染めをしてかぶれてしまう原因は、これだった!

ピリピリの原因は「ジアミン系の化合物」

白髪染めでかゆみやピリピリ感やチクチク感、かゆみ、湿疹などが出たりするのは、酸化染料の主成分であるジアミン系の化合物が大きな原因です。ひどい時には、湿疹している場所から汁が出たり、皮膚がめくれたり、顔が腫れてしまうケースなどもあります。

「私はパッチテストも大丈夫だったし、今のところ何も症状が出ないから大丈夫」と思っている人でも、ある日突然発症してしまうことがあるので、十分に注意をしましょう。

1剤と2剤を混ぜて使うタイプの一般的な白髪染めには、「酸化染料」という刺激的な化学染料が含まれています。その酸化染料の主成分となっているのが、ジアミン系の化合物「パラフェニレンジアミン」。

パッケージの成分表示にこのパラフェニレンジアミンが含まれていたら、まず化学染料が原因でかぶれたと思って良いでしょう。パラフェニレンジアミン以外にも、「パラトルエンジアミン」や「パラアミノフェノール」といった、かぶれの原因となる化合物があります。

ジアミンが入っているかどうかは、見た目だけではわからない

ただしこのジアミン系化合物、通常は1剤と2剤を混ぜるタイプの白髪染めに含まれている成分ですが、それ以外の製品にも含まれていることがあります。

たとえば、すでに1剤と2剤が混ざった状態で販売されている「泡タイプ」の白髪染め。アワアワの感じがさわやかなので、化学成分は入っていないと思ってしまう人もいるのですが、実際には含まれている場合が多いです。

天然成分100%のヘナでも、かぶれてしまうことが

また、天然成分がウリの「ヘナ」の場合でも、油断はできません。白髪染め中にも、このジアミン系の化合物が含まれている場合があります。特に市販のヘナにその傾向があるので、注意が必要です。

パッと見ただけでは、ジアミンが含まれているかどうかわかりにくいケースもあるので、必ずパッケージの裏などに書かれている成分表示を確認しましょう。

また、ヘナの場合は化学染料ではなく、インディゴなどの藍色の天然成分にかぶれてしまう人もいます。天然成分といえど、それなりの刺激がある場合は、人によってつけない場合もあるということですね。

白髪染めで“かぶれ”が起きた時の【3つの対処法】

さて、このようにして頭皮や皮膚がかぶれてしまった場合は、どのようにすればいいのでしょうか?

【対処法①】かぶれてしまった製品の使用をやめる

白髪染めをしてかぶれやかゆみ、湿疹などの症状が出てしまった場合は、何よりも先に製品の使用を止めることが先決です。「白髪染めをまとめ買いをしてしまったから、もったいないので無くなるまでは使い切る」というようなことをしてしまうと、ただのかぶれが本格的なアレルギーに発展してしまうこともあります。

余ってしまった未使用品は、リサイクルなどに出すこともできるので、ここは悔しくてもスッパリと諦めましょう!

【対処法②】頭皮や肌に優しい白髪染めを使う

ヘッドマッサージ
白髪染めを使ってかぶれたからといって、ただ製品の使用を止めただけでは、白髪まじりで外を歩かなければなりません。かぶれてしまった白髪染めを使わなくなった後は、頭皮や肌に優しい白髪染めにチェンジすることをお勧めします。

特にお勧めなのは、「トリートメントタイプの白髪染め」です。色がやや落ちやすいという欠点はあるものの、使いやすさや安全性を考えれば、ピカイチの白髪染めといえるでしょう。

また、やや扱い方は面倒ですが、天然成分100%の「ヘナ」もお勧めです。ヘナの場合は、天然成分にかぶれてしまう人もいるので、必ず最初にパッチテストをしてから使い始めるようにしましょう。

【対処法③】体質改善への努力をする

準備体操
白髪染めによってかぶれてしまう人の中には、花粉症やアレルギー体質など、もともと何らかの体質的な弱さを持っている人が少なくありません。その場合は、アレルギー体質そのものを改善していく努力が必要でしょう。

「アレルギーは一生治らないのでは?」と思っている人も多いのですが、決してそんなことはありません。血行や代謝を高めるための運動や、体質改善を意識した食生活、規則正しい睡眠といった生活習慣の改善をすることで、アレルギー症状を少しずつ和らげることはできるのです。

まずは何らかの症状が出た時に、「病院や薬が治してくれるだろう」という受身の考えを捨てて、「自分の健康は自分で守る」という意識を持つことが大切ですね。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP