白髪染めコラム

白髪染めの歴史や現代の白髪染め事情、妊娠中の白髪染めなどなど、意外と知られていない白髪染めのお話や役に立つ情報をコラム形式で掲載しています。

自宅で白髪染めするなら使いやすいものを選びたい

自宅で白髪染めするなら使いやすいものを選びたい
  • 白髪染めクチコミランキング

使いやすい白髪染めに求める条件はこれ!

白髪染めに求める使いやすさは人それぞれですが、次のようなポイントがあげられるのではないでしょうか?

一度でしっかり染めたい!

白髪は一度気になりだすと、ついつい数本でも気になってしまうものです。とはいえ頻繁に染め直すのも面倒でついつい「また今度・・・」と思うこともあります。一度染めたらある程度色持ちしてくれれば多少楽になるのではないでしょうか。

面倒な準備をしたくない!

白髪染めというと新聞紙を床や壁に広げて、手袋やケープをして・・・といった準備が大変なイメージもあります。一度や二度くらいならまだしも、毎回となると負担にも感じやすいです。できればこういった手間がない方が、多少気軽に染められそうですよね。

髪の毛のダメージを減らしたい!

カラーリングすると髪の毛が傷むことがありますが、白髪染めでも同様です。ある程度仕方ないと思っていても、できるだけダメージは減らしたいものです。

しっかり染めるならムースタイプをチョイス!

白髪を一回でしっかり染めたいときは、ヘアカラータイプの白髪染めを使うと染めやすいです。このタイプは市販でも多く販売されているので、比較的手に入りやすいです。ヘアカラー剤の場合クリームや液状のもの、ブラシがコームになったものなどがあります。その中でも泡で出てくるムースタイプのヘアカラー剤が使いやすいです。

ムースタイプの特徴は?

通常ヘアカラー剤は薬剤を自分で混ぜあわせて使用することが多いです。それがムースタイプの場合、最初から薬剤が混ざり合った状態で使えるので、そのひと手間を省略することができます。

またワンプッシュで薬剤が出てくるタイプが多いので、生え際や後頭部など自分では染めにくい部分にも塗布しやすい魅力があります。さらに液だれしにくいものも多いです。

リタッチ用に取り置き可能

通常、混ぜあわせた薬剤は使い切ってしまわないといけないことが多いですが、ムースタイプの場合残った分は取り置きできることがあります。その場合余った分は生え際の白髪が気になったときのリタッチ用に取っておくこともかのうです。

気になるダメージやアレルギー反応・・・必ずパッチテストを

ヘアカラー剤の場合、髪の毛や頭皮へのダメージは気になるところです。アレルギー反応を引き起こすこともあるジアミン成分などが含まれていることも多いので、使用には注意が必要です。そのため、使用する際は必ず事前にパッチテストを行ってから染める方が無難です。

また、染めた後に起こりやすい髪の毛のパサつきを防ぐために、ヘアケアを行われることもおすすめします。

シャンプー・トリートメントタイプでダメージを軽減!

比較的面倒な準備が必要ない白髪染めとしてシャンプーやトリートメントタイプのものが挙げられます。これらのタイプは髪の毛へのダメージも軽減できる白髪染めとして知られています。

入浴中に使えるものが多い!

シャンプータイプの白髪染めは、基本的に入浴時に使用できるものがほとんどです。トリートメントタイプの場合も、シャンプーの後に使用できるものを選ぶと入浴中に使えるものであることが多いです。

入浴中に使えるものということで、そのまま洗い流せるので基本的に新聞紙やケープなどの準備は必要ありません。ただしトリートメントタイプの場合、手袋をしておく方が色うつりを防げることもあります。また、洗い流せるとはいえ染料には違いないので壁などについた場合はすぐに洗い流されることをおすすめします。

髪のコンディションを整えやすい

シャンプー・トリートメントタイプの白髪染めはその名の通り、同時にシャンプーやトリートメントの効果も期待できるタイプです。だから染めながら髪の毛のボリュームやコシ、ツヤなどを出しやすくなります。頭皮の健康が気になる方にも比較的適しているタイプです。

自然な染め上がりにはなるものの、即効性を求めることは難しい

一度の使用でしっかり染まることが多いヘアカラー剤に比べ、シャンプーやトリートメントタイプは使い続けることで色づくことがほとんどです。そのため徐々に色づき、自然に染められるものの、即効性を求める場合には難しいのがデメリットです。

周りに気づかれずに徐々に染めたい人には適していますが、今すぐ色をつけたい!というときは希望がかなわないときもあるので、注意が必要です。その場合は「一時染め」と呼ばれる、数分でカバーできてシャンプーで落とせるタイプのものを活用することで、しのげる場合もあります。

自分の目的に合わせて使いやすいタイプを選ぼう

比較的使いやすい白髪染めと言われるものには、ムースタイプのものやシャンプー、トリートメントタイプのものなどが挙げられます。ただどちらもメリット、デメリットがあるので、どの点を優先するかはお好み次第です。

特にヘアカラー剤の場合は事前のパッチテストをおすすめします。また、シャンプー・トリートメントタイプを使う場合、急に染めないといけないときは一時染めを活用されるといいかもしれません。自分の目的やライフスタイルに合わせて、無理なく白髪染めを続けたいですね。

  • 白髪染めクチコミランキング
こちらの記事も一緒に読まれています
「白髪染めコラム」おすすめコンテンツ
ユーザー評価でランキング!白髪染めクチコミランキング

白髪染めクチコミランキング

白髪染めお役立ちコラム

  • 実録!みんな気になる白髪染め体験レポート
  • 5つのポイントで白髪染め選び
PAGETOP